AQM

あ、今日読んだ漫画

真夜中に漫画の話をしよう #ハコヅメ (連載ネタバレ注意)

f:id:AQM:20210121020039p:plain

Twitterがあんまり好きではなくて、「バカッター」とか「デマッター」とか言われてるまあそういう感じで、割りとTL見る専です。

「はてなブックマーク」を通じて他人のツイートを見ることが多いせいでイメージ悪いのかもしれないし、はてブで「書き込み欲」が満足してるせいかもしれない。

 

アカウントは持ってるんですけど、

twitter.com

ブログの更新通知とはてなブックマークのTwitter連携のみの、BOTみたいな運用しかしてなくて、ツイートするためにツイートすることってほとんどないです。

 

最近は前にも増してWEB漫画も増えて、雑誌連載の漫画もWEBで読めることが多くなってきました。読むのが増えてくると何曜日に何を読むんだったかだんだんわからなくなってくるので、整理したりとか。

aqm.hatenablog.jp

 

中でも先々月に初めて読んだ「ハコヅメ」にハマってしまって、

aqm.hatenablog.jp

 

kindleでモーニングを4週ほど買った後、

f:id:AQM:20210121021819p:plain

 

結局WEBの連載を有料で

f:id:AQM:20210121021846p:plain

 

毎週毎話買うようになってしまいました。

comic-days.com

 

んで今週の連載「その149 取り直せない写真」(有料)を木曜0時にウキウキしながら読んだら(この作品はほとんど休載がありません)、なんかいろいろ凄かったので、誰かと語り合いたくてたまらなくなりました。

こんなブログやっててなんなんですけど、実は普段は他人の漫画の感想にあんまり興味ないんですけど、珍しく「わ〜、これ他の人どう思ったんだろ!?」ってなって、ハッシュタグ「#ハコヅメ」でTLを眺めた。

twitter.com

したらこんなツイートがあったので、

 

 「わ〜、すごいこと気付くなこの人」と思いながら、kindleのハコヅメの表紙の並びをつらつら〜と眺めてたら、自分も気付いたことがあって、

 

ってツイートしたら、いいね!とかされた。

普段は「コンサル起業チャレンジ中!」とか「ブログで月収50万円突破!」とか「女子大生💕ムラムラ中💕」とかみたいな人からしか いいね!とかされないのでなんか嬉しかった。

普段、Twitterをまじめに運用してないので新鮮!嬉しい!承認欲求!ハコヅメ面白いね、みんな!仲間だもんげ!ってなった。楽しい。この一体感に風を感じる。

まああの、前の人のツイートに乗っかってるだけなんで、中身はそんなアレなんですけど。

 

「チェンソーマン」の連載中は月曜0時過ぎに「#チェンソーマン」をやはり見る専だった。あと「キン肉マン」は読んでなかった。

夜中に知らん人らとTwitterで連載の最新話について探り探りで語らうのすごい楽しいね!ってなった。正直初めてTwitter楽しいと思ったわ。

 

あと、この雰囲気なんかに似てんなと思ったら、有名なコピペのこれだった。

211 :名無しさん@涙目です。(新潟・東北):2011/10/24(月) 18:45:46.35 ID:351w9JbSO
ページめくったら見開きで
アルカ初登場で身震いして、
何気なしに立ち読みしてる隣りの人を見たら
「(コクッ)」って無言でうなずかれた

 

901 :名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/24(月) 21:29:36.84 id:Eu4yTbFF0
>>211
クソワロタwwwwwwwwwwwww

 

323 :名無しさん@涙目です。(東日本):2011/10/24(月) 18:56:59.33 id:GAb3QeTV0
>>211
ワロタw

 

295 :名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/10/24(月) 18:54:31.10 id:LaHfM3rn0
>>211
やっべぇw 
クソジワジワ来るwwwwwwwwwwww

 

903 :名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/10/24(月) 21:30:31.49 id:ixiegy3C0
>>211
ワロタwwwww

 

これからは、もうちょっと真面目にTwitter使ってみようかな、と思った。

漫画の読み方もだいぶ変わってきたなー。と遠い目。

木曜は特にあれよね、同時にヤンジャンの「かぐや様」と「推しの子」がくるので強い。今週のかぐやスゲー可愛かった。菅総理に休みの日を一日、日曜日から木曜日に変更して欲しい。それがダメなら枝野さんにお願いしたい。

 

あ、小学館漫画賞の受賞、おめでとうございます。

受賞記念に上記のWEB連載のサイトで26話まで無料で読めるそうです。2/2まで。未読の方はぜひ。

 

もう仕組み上仕方のないことなんですけど、漫画賞とかランキングとか他人の作ったランキングってどうしても納得いかないことが多いですけど、こういう真夜中に「場」を作る力を持った作品を少年向け部門「チェンソーマン」と並べて選出するあたり、小学館漫画賞は良い選考をするなあ、と思った。

 

じゃあ、終わりです。