AQM

さみだれや 読んだ漫画と ウマ娘

#それでも歩は寄せてくる 7巻 評論(ネタバレ注意)

2人しかいない将棋部の、おさげデコ部長・八乙女うるし(高2♀)と、好き丸出しのくせに頑として認めない無表情部員・田中歩(高1♂)の、告白前の高校生男女が好き丸出しで部室で将棋指しながら甘酸っぱくイチャイチャしてる、可愛いは正義のショートラブコメ。

歩は一応、将棋でうるしに勝ったら告白しようと思ってるみたいです。

日常ラブコメですけど時間が流れる系で、うるしが3年生に、歩が2年生に。

f:id:AQM:20210416194332j:plain

「それでも歩は寄せてくる」7巻より(山本崇一朗/講談社)

こないだ始まったばっかりと思ってたらもう7巻で、時間が経つのは早いですね。

始まった当初は登場人物2人の漫画でしたけど、サイドのメンツもだいぶ増えてきて賑やかに。

なんかあっちもこっちもラブコメめいてきて、赤面してる可愛い女の子をたくさん描きたい作者の本領発揮という感じ。

f:id:AQM:20210416194443j:plain

「それでも歩は寄せてくる」7巻より(山本崇一朗/講談社)

楽に描いてるように見えますけど、どうでしょうね。こう言ってはなんなんですけど、女子しか登場しないくのいちの漫画より面白い気がするので、ガールズ日常ものよりやっぱ未満恋愛ラブコメの人なんかなとか思いましたけど。女の子がより可愛く見えるわ。

f:id:AQM:20210416194458j:plain

「それでも歩は寄せてくる」7巻より(山本崇一朗/講談社)

こういう、「ロッカーの中に隠れる男女」って漫画ですごいよく見るというか漫画でしか見ないんですけど(当たり前だ)、日本の歴史上こんなシチュエーション実在したことあるんだろうか、とか思いました。

存在しないとしたら、誰が一番最初に考えたんだろう。また手塚治虫だろうか。いやいやいや。

 

 

aqm.hatenablog.jp