AQM

I oppose and protest Russia's invasion of Ukraine.

#ザ・ファブル The second contact 3巻 評論(ネタバレ注意)

幻の殺し屋組織「ファブル」の天才殺し屋と相棒の女が、ボスの命令でほとぼり冷ましに大阪のヤクザの世話になりながら長期休暇がてら一般人の兄妹、アキラとヨウコに偽装して暮らすコメディ成分多めのハードボイルドもの。

「ザ・ファブル The second contact」3巻より(南勝久/講談社)

伝説の殺し屋は不殺を貫いたまま事態を収拾し、街を去って第一部が完結、そして数ヶ月後ぐらいの続編。連載の完結時に予告されていた第二部の開始。

隣の大西市の紅白組との新たな抗争の火種が…という感じで、組織から放出されてフリーターになった主人公たち殺し屋組はまあダラダラと。

「ザ・ファブル The second contact」3巻より(南勝久/講談社)

大手の盃を受けた紅白組の組長が、いよいよ真黒組の縄張りを狙って策謀。チンピラ同士の喧嘩からスタートさせるも、早くも元・ファブル組が巻き込まれ…という展開。

エピソードのクライマックスに向けて状況を積み上げていくタイプの相変わらずの作話なので、徐々に情勢が不穏になっていき読み応えはありつつもアクションシーンもほとんどなく未だ静かな進行。

「ザ・ファブル The second contact」3巻より(南勝久/講談社)

ルーマーの顔が見えてきたのと、公私(?)両面でヨウコにスポットが集まりつつ。

「ルーマーは実はファブルの別働組織で根っこは同じなんじゃないか」とちょっと思ってたんですけど、今巻読んでるとどうもそういうわけでもなさそうな雰囲気ね。

もう2〜3巻は溜めの巻が続く感じかしらん。

ルーマーの「漫画キャラの殺し屋」としての実力値もよくわかんないこともあって、今んとこ「総力戦」だったら元ファブル組の人数的に、真黒側がまだ戦力過剰かな、という印象だし、

「ザ・ファブル The second contact」3巻より(南勝久/講談社)

何かしらハンデ要素が追加されそうな。

 

 

aqm.hatenablog.jp