AQM

あ、今日読んだ漫画

#新九郎、奔る! 3巻 評論(ネタバレ注意)

室町後期(戦国初期)の武将、北条早雲の幼少期からの伝記もの。享年64歳説を採用。

中世代を舞台にした作品ながら、現代の話し言葉を大胆に採用、横文字もガンガン出てくる。おっさん達の政争劇は作者の本領発揮なイメージ。

北条早雲の伝記を漫画の匠のゆうきまさみが、の時点で面白いに決まってんだけど、渋すぎてあんま売れなさそう。日本史の中でも複雑で難解なことで有名な応仁の乱がらみ。

男児のいなかった将軍・足利義政の弟ながら後継として僧侶の身から還俗し、わずか数年で冷遇されるに至った足利義視。に出仕していた兄・八郎。姉・伊都の輿入れの日、幕府内での冷遇も極まり義視は出奔して比叡山に走り、八郎もこれに付き従う。体制側として将軍家を支える伊勢一門として、新九郎は義視と兄・八郎を追うが…

今巻終わって新九郎が16歳。備前守伊勢家の次期当主としての地歩も固まり、次巻からいよいよ…なにがあるんだっけ…?

丁寧にやってるだけあってここまでの流れはバッチリながら、史実・伝記の常として序盤は主人公が未熟で雑魚くてまだあんま活躍しないので、話が地味よね。

待てば咲く花と思って読者のこっちは読みながら待ってるので、編集部も頼むよ。

 

新九郎、奔る!(3) (ビッグコミックス)

新九郎、奔る!(3) (ビッグコミックス)

  • 作者:ゆうきまさみ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2020/01/10
  • メディア: Kindle版

 

aqm.hatenablog.jp