AQM

あ、今日読んだ漫画

#ガールズ&パンツァー 樅の木と鉄の羽の魔女 上 評論(ネタバレ注意)

「鉄の森には木があった
 その木には手足があった そこには針金の葉が茂っていた
 その葉陰には巣があった その巣には卵があった その卵は鳥になった
 その鳥には鉄の羽と鉄の嘴があった 鉄の小鳥は森へ巣立った」

強豪・サンダース高校と練習試合で対峙する、全国大会にもエントリーできない弱小校と思われている伯爵高校。3号車「Ⅲ号N型」の車長を任されるのは、卒業していった「魔女先輩」から直々に車長に任命された小檜山 野咲。野咲は練習試合を戦いながら魔女先輩との思い出を回想する。

よく製作委員会が許したなという、ガルパンのスピンオフ。比喩では無く魔女が出てくる。戦術をタロット占いで決め、敵の所在を魔力で検知、呪詛の演舞を取り入れた波状攻撃。伯爵高校には普通科、農業科と並んで「魔女科」が存在する。

「リボンの武者」とはまた違った意味で異質極まりないスピンオフ。

端的に言うとずっと戦車で戦っているだけなんだけど、静かで穏やかでおよそ「ガルパン」を読んでいる気がしない。

「上」ということは次は「下」で終わるのか、「中」があるのか。

あとがきを読んでも未だ描きたいことは見えてこないけど、期待して待つ価値は十分にありそう。

 

ガールズ&パンツァー 樅の木と鉄の羽の魔女 上 (MFC)

ガールズ&パンツァー 樅の木と鉄の羽の魔女 上 (MFC)

  • 作者:むらかわ みちお
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2020/02/21
  • メディア: Kindle版

 

(選書参考)

blog.livedoor.jp