AQM

あ、今日読んだ漫画

#貧民、聖櫃、大富豪 6巻 評論(ネタバレ注意)

憑依した歴史上の人物を「御使い」としてFateのように使役する7組のタッグが大バトル!ダメージ受けたら課金!一太刀ごとに課金!必殺技にも重課金!!喰らえ!10億円アタック!!バトルの資金稼ぎに起業してお金稼ぐよ!

な「ヨルムン」「デストロ」の作者による「札束で殴りあう」を地でいくマネー能力バトル漫画。強さのインフレが金額で表示されていっそ清々しい。

1巻読んだときは世界観が意味不明すぎて頭がおかしくなりそうでしたけど、ソシャゲのリアルマネー重課金でメタな聖杯戦争を漫画に落とし込みました、と思えば。

よく考えたら何やってんだかよくわからんものを人殺しの顔をしたハイテンションでゴリ押し切っちゃって「100億オーバーロード!!」とかもう「鳳翼天翔!!」的に「なにされて吹っ飛んでんだコイツ」感も。

そういう設定なので強さの指標は、登場人物の胆力と、裏のバトルの課金を支える表の世界での金策、がキモになります。どいつもこいつも数ページでポンポン100億200億稼ぐので読んでてやっぱり頭がおかしくなりそう。

6巻にして均衡が破れ、7組のうち1組が初めてリタイヤ。いつの間にか次巻で「デストロ」に巻数追いつくな。

 

貧民、聖櫃、大富豪(6) (サンデーGXコミックス)

貧民、聖櫃、大富豪(6) (サンデーGXコミックス)

 

aqm.hatenablog.jp