AQM

あ、今日読んだ漫画

#ぽんこつポン子 5巻 評論(ネタバレ注意)

「偶然だよ。遺影が落ちてきたり…飛行機が落ちてきたり…
 ポンコツのロボットと暮らすことになったり…

 人生ってのは何が起こるか、分からんもんだな…
 お前が先に逝っちまうなんてな…」

ヒットした漫画の印税が株で溶けたりな…

少し未来の日本、静岡の海辺の片田舎の町の一軒家に住む、連れ添いを亡くしたジジイ・吉岡のもとに、一人暮らしを心配した家族の手配でメイドさんロボットが派遣される。ジジイは不承不承、ポンコツな彼女に「ポン子」と名付け彼女との暮らしを受け入れる。

どこか哀愁を背負ったツンデレな頑固ジジイをメイドロボのポンコツぶりが癒す、ジジロリでハートウォーミングなメイドロボット日常コメディ。

ジジイの都会っ子の孫娘を加えて、賑やかな田舎の夏休み。

ジジイの亡き妻をめぐるポン子の回想、ジジイの回想。なんてことない日常漫画だけど、この漫画は切り札にこれがあるのよね。こういうのに弱い。いいエピソードだ。

ラプターが落ちてきました。

2020年時点で前の大戦の終戦から75年も経っていることと、ジジイの推定年齢を考えると、この世界観は思っていたよりずっと未来の話か、もしくは我々の世界とはパラレルなのかもしれないね。

 

ぽんこつポン子(5) (ビッグコミックス)

ぽんこつポン子(5) (ビッグコミックス)

  • 作者:矢寺圭太
  • 発売日: 2020/05/29
  • メディア: Kindle版

 

aqm.hatenablog.jp