AQM

あ、今日読んだ漫画

#二階堂幸短編集 ありがとうって言って 【完】 評論(ネタバレ注意)

「こんな遠い国の 不思議な場所に立ってみると
 ああ 旅をしているんだなぁ…って思うよ

 広い広い 地球とか宇宙で
 ひとりぼっちで 楽しいような すこし 寂しいような

 そんな気持ちになってたら きみが来てくれたの」

 

たぶん自分は初めて読む作家さんだと思います。の短編集。

 

待ち合わせして街にお出かけする二人の女の子。ショートカットの子の額には角が生えている。
「あなたの隣にも〜鬼〜」

 

担任の教師に恋をした女子高生の、卒業式の夜のラストアタック。
「先生が好き」

 

コンセントが使えるトイレを探す、同じ職場の新井さんはアンドロイド。
「あなたの隣にも〜人〜」

 

成長した少年の初恋の相手は、友だちのお母さんだった。
「翡翠色の瞳」

 

大晦日の夜、女の子は彼氏に逢いに夜を駆ける。サイレント作品。
「Run!」

 

少年とタヌキはお土産のドーナッツを持って、入院中のおかあさんのお見舞いに。
「よっつのドーナッツ」

 

彼氏と彼女は学生最後の卒業旅行で、ドイツへ。
「恋のスイングバイ」

 

SFあり、ファンタジーあり、片想いあり、両想いあり、と割りと何でもありの7編。

短編集らしく、やや描写不足に感じて読み足りなくてもどかしいのが、良い塩梅に余韻に。あと「恋の〜」ってタイトル、いいよね。

好きな絵に好きな作風だったので、またぜひ次作で。

あー、そうだ。

とても楽しく読みました。ありがとう。

 

 

(選書参考)

blog.livedoor.jp