AQM

あ、今日読んだ漫画

#前田慶次 かぶき旅 4巻 評論(ネタバレ注意)

隆慶一郎の原作を原哲夫がコミカライズして少年ジャンプで好評を博した、戦国時代のいくさ人で傾奇者の前田慶次郎利益の一代記「花の慶次」、の作者や編集者が他社に引っ越した後の非公式スピンオフってことでいいのかな。本編の関ヶ原の戦いの後、上杉家に従って京を離れる前後のタイミング。

肥後編?が終わって今巻から本格的に天草編に。

ネタバレですけど、

 前田慶次+加藤清正+立花宗茂+柳生兵庫助+島左近

  vs

 佐々木小次郎(先代)+丸目蔵人+新免無二斎+新免弁之助(後の宮本武蔵)

と豪華な対決に。宮本武蔵、やっぱ出てきたね。島左近も生きてたことに。

ビッグネームいっぱい出しとけば喜ぶだろう、と侮られてる気がせんでもないけど、まあワクワクしちゃいます。歴史はモチーフというだけで、史実の考察云々をうるさく考えながら読む漫画でもないし。

天草の海に沈んだキリシタンの隠し財宝、今巻は人vs人のバトルがない代わりに、海中でサメと闘ってますwww

大男たちのむさいフンドシ姿が続いた慰謝料のように巻のラストに美少女登場。

登場人物の大半がまだ死なないことが史実で確定してるせいでやや緊張感に欠けるのは、ある意味FSSに似てるかも。

 

 

aqm.hatenablog.jp