AQM

あ、今日読んだ漫画

#カッコウの許嫁 3巻 評論(ネタバレ注意)

「…そう エリカの近況が聞けて安心したわ
 それで あちらの兄妹はどんな感じなの…?」

「えー? んーそうだな…
 あの二人が結婚した方がいいんじゃないかってくらい
 お似合いだと思うよ!」

裕福でないながら父・母・妹との4人家族で賑やかに暮らす高校生の海野凪(♂)は、勉学に励むも学年万年2位。

誕生時に病院で他家の赤ん坊と凪が入れ替わっていたことがこの1ヶ月前に発覚、取り違え相手の一家(実の両親)と初の面会の会食に向かう途中、奇妙な行動をしている美少女と遭遇する。

ヒロインは3人。

取り違え相手の少女、ホテル王のお嬢様でSNSクイーン、天野エリカ。
両家の両親は取り違えのリカバリーも兼ねて二人を結婚させたい意向。

凪の片想い相手で、常に学内1位をキープして彼を万年2位に留まらせている才女・瀬川ひろ(♀)。

血が繋がらないことが発覚した妹・幸。

という四角関係になっていく、近年ヒット作の共通要素から「片親」アウト、「血の繋がらない妹」イン、「同居」イン、という感じの同居ラブコメ。

1巻はエリカ、2巻はひろにスポットが当たってきた流れで、表紙のとおり幸にスポットが当たる3巻。

次巻予告では次から四角関係が本格化とのことで、この巻まではヒロインのお披露目色が強いのほほんとした日常ラブコメ中心。

昔のラブコメは「1巻で一番最初に出会ったヒロインが本命」という不文律がありましたけど、最近はそのお約束をあえて外しにかかる作品も増えて、この作品もタイトルやメイン設定からエリカ絶対有利ではあるものの、一応「誰が本命かまだわかんないよ?」というテイに見えます。

「一緒に育ったけど最近血が繋がらないことが関係者全員にオープンに発覚した妹」って無敵すぎというか都合よすぎというか、障害がなさすぎてむしろ不利なような気もすんですけど、自分はそもそもあんま妹属性萌えたぶんないんですけど、それでも「幸ええやんけ」と思うぐらいに幸が魅力的な巻でした。

実の姉妹だけあってエリカとも好相性ですね。

影が薄くなりがちな両家の両親4人にもなにげにそれぞれ出番を配置して四者四様な親心なのか伏線なのかを提示したり、思ってたより視野が広くてバランス取ってるというか、けっこーいろいろ配慮が行き届いたラブコメな感じ。

 

カッコウの許嫁(3) (週刊少年マガジンコミックス)

カッコウの許嫁(3) (週刊少年マガジンコミックス)

  • 作者:吉河美希
  • 発売日: 2020/09/17
  • メディア: Kindle版

 

aqm.hatenablog.jp