AQM

あ、今日読んだ漫画

#【推しの子】2巻 評論(ネタバレ注意)

地方の病院に務めるアイドルオタな産婦人科医師・ゴローのもとに双子を妊娠したお腹を抱えて訪れた少女は、彼が熱狂するアイドル・アイ(16)だった。驚きショックを受けたゴローだったが、身近に接するアイの人柄に魅了され、彼女の出産を全力でサポートしようと決意する。

だが出産予定日の当日、ゴローはアイのストーカーに殺害される。驚くべきことに、ゴローはアイが出産した男女の双子のうち一人として転生する…

「かぐや様」の赤坂アカの作話を「クズの本懐」等の横槍メンゴが作画、という期待作。

要約すると二周目人生は伝説のアイドルの双子の子どもだった転生チートな芸能界サクセスストーリー、ミステリー付き。

双子のアクア(元医師・♂)とルビー(♀)も高校受験する年齢に。ルビーはアイドル志望でオーディションに応募し続け、アクアは自分たちの父親を突き止める目的のために芸能界の裏方修行中。

芸能科のある高校に入学する2人は子役時代の懐かしい顔に出会う。

1巻がプロローグで2巻からが本番という感じ。

今巻は「かぐや様」でもお馴染み作中作漫画「今日あま」の低予算実写ドラマ化にまつわる話がメイン。アイドル志望のルビーを差し置いて、裏方志望のアクアが胸中をよそにとんとん拍子に。

縦軸無視しても演技もの中編として十分読み応えあって楽しめるエピソード。自分は割りと漫画でミステリーもの読むの苦手なんですけど、「話の途中」でも上手にご褒美もらいながら読まされてる感じ。

ついこないだ「かぐや様」のTVアニメ化・実写映画化された漫画家がこんなこと描くかねw と一瞬思いますが、こういうイメージ落とした中からひとつまみの美しさを掬い上げてリスペクトに真実味を持たせる手法がいかにも赤坂アカという感じもします。

f:id:AQM:20201016010938j:plain

「【推しの子】」2巻より(赤坂アカ/横槍メンゴ/集英社)

1巻で子役時代のエピソードがあるものの、ほぼ新キャラと言っていい有馬かなの造形も良いです。

短いページ数の中でキャラの動機づけを納得させる手腕はなんでしょうね、ページに現れない裏設定の分厚さがそう感じさせるんでしょうか。

f:id:AQM:20201016011106j:plain

「【推しの子】」2巻より(赤坂アカ/横槍メンゴ/集英社)

口悪ぃなこの女www

まだ2巻ですけど、縦軸的に既にけっこう宿題というか切り札をたくさん残している作品で、「アイの相手の謎」「ルビーの夢」のメインの縦軸に加えて「社長どこ行った」とか「今巻登場の新キャラたちとの絡み」とか、あとルビーとアクアがお互いの「中身」にまだ気付いていないのも強力な切り札で、手練れ2人の作者がどうカードを切ってくるのか色々楽しみですね。

次巻は「恋愛リアリティーショー編」ということで、危ないところに手ぇ突っ込むなーという反面、まあこの作者なら大丈夫でしょ、という謎の安心感も。

 

 

aqm.hatenablog.jp