AQM

あ、今日読んだ漫画

#大家さんは思春期! 13巻 評論(ネタバレ注意)

メガネ地味リーマンが引っ越した先のアパートの大家さんは可憐な女子中学生だった。

お色気なし、ラブ要素なし。
ほっこり、ほんわか、ほのぼの。この漫画を一文字で表すなら「ほ」。

おばあちゃん子で家事が得意で節約上手でしっかり者で説教くさくてぶっちゃけ少しババくさいチエちゃんと、彼女を見守るちょっとダメだけど良い人揃いのアパート住人たちやご近所や商店街の住人たち。NHKの朝ドラの原作にしても安心。

今巻でチエちゃんが中学3年生に。新しいクラスでは、スクールカースト上位のキラキラ女子勢とオタクな夢女子勢の間で人気者のチエちゃん争奪戦が勃発。

f:id:AQM:20201115080935j:plain

「大家さんは思春期!」13巻より(水瀬るるう/芳文社)

一方、大家を務めるアパートでは、引っ越しシーズンでやってきた新しい住人はユーチューバーだった。

f:id:AQM:20201115080908j:plain

「大家さんは思春期!」13巻より(水瀬るるう/芳文社)

という新キャラ登場の巻。

もちろんチエちゃんがヒロインなんですが、1巻当初は読者に視点を提供する役目がメガネ地味リーマンが主人公というか狂言回し然としてましたけど、キャラが増えて学校での描写も増えて、ローカルながらも作品内の世界が広がって、ふと気がついたらメガネ地味リーマンがすっかり影が薄くなって出番も減りましたねw

後半は次巻との巻跨ぎで修学旅行編。時代劇好きのチエちゃんが京都を満喫しててなによりですが、

f:id:AQM:20201115081000j:plain

「大家さんは思春期!」13巻より(水瀬るるう/芳文社)

ああ、うん…そうね…おっさんもそう思うわ…

 

 

aqm.hatenablog.jp