AQM

あ、今日読んだ漫画

#僕の心のヤバイやつ 4巻 評論(ネタバレ注意)

「みつどもえ」の作者の現作。

ラブコメ漫画は数あれど、WEB連載で既読にも関わらず新刊が一番楽しみな作品。ちなみにこの記事の下の方に貼ったリンク(WEB連載)から4巻の続きが読めます。

主人公は、雑誌の専属モデルもこなす陽キャ美少女・山田を殺す妄想をする、中二病で陰キャでぼっちな男子中学生。

図書館で偶然見かけた彼女は、一人でおにぎりを頬張りながらゴリラのような鼻歌を歌う、意外と割と残念な感じだった…

コメディの皮をかぶせた、エロで独りよがりで優しい中学生の、初恋の繊細な機微の描写。

1月に発売予定だったのが、グッズの発注ミスで2月にズレ込むというね…

その分、5巻の発売までの間隔が短くなると嬉しいんですけど!

中2の2学期の終業式から3学期の始業式まで、ということで冬休みを丸々収録。

f:id:AQM:20210208012344j:plain

「僕の心のヤバイやつ」4巻より(桜井のりお/秋田書店)

山田以外には言えるんかい!

クリスマスイブ、漫画の貸し借りがなぜか渋谷デートに。市川家の秋田への帰省とトンボ帰り、市川骨折。大晦日のウェイ系の集まりに闖入。初詣で家族と山田にダブルブッキング。姉の誘いで山田、市川家を初訪問。などなど。

3巻頃から「これでまだつきあってないのかよ!」とツッコミたくなる展開の連続ですけど、中学生って告ってフラれても人間関係の逃げ場がないので割りとリスキーですよね…

f:id:AQM:20210208012356j:plain

「僕の心のヤバイやつ」4巻より(桜井のりお/秋田書店)

今巻は脇役、特に市川姉と、山田の友人の"ビッチ"こと萌の存在にクローズアップ。二人を応援というか見守ってくれる人が少しずつ増えてて、いざって時に心強いよね。そして市川姉も萌もいいキャラしとる。

ハグですけど、山田が一方的に抱きしめてたのが、市川も抱き返すようになって、おおう、という。ちょっとずつながら確実に進展してるというか、市川が心を開いていっている…!

f:id:AQM:20210208012406j:plain

「僕の心のヤバイやつ」4巻より(桜井のりお/秋田書店)

いやホント、萌さんいいわw

 

 

aqm.hatenablog.jp

 

mangacross.jp