AQM

I oppose and protest Russia's invasion of Ukraine.

#1日2回 2巻 評論(ネタバレ注意)

園田れみ(39♀)は夫と死別して実家の一軒家で母と中学生の娘と3人暮らし。

仲の良いお隣の、同い年の幼馴染・松宮季(とき)(39♂)が離婚で婿養子先から出戻ってくる。

不本意な離婚で傷心の季。そんな彼を、再開したご近所づきあいと昔からの腐れ縁で見守るれみ。回想される幼少期から青春期の思い出。

f:id:AQM:20211222032134p:plain

「1日2回」2巻より(いくえみ綾/集英社)

表紙のルックスはマーガレットコミックスですが連載は「ココハナ」とのことで、アラフォーな主人公二人の少女漫画とも恋愛漫画ともつかぬ作品。

近作をあんまり読んでいませんが、別マに連載していた頃に愛読していた経験から言うと、ほとんどの作品で思春期の恋愛を描き、ほとんどの作品で猫を描き、ほとんどの作品で思春期の主人公の家庭を描き、ほとんどの作品で思春期の主人公の家庭は片親だったような印象が強いです。

f:id:AQM:20211222032158p:plain

「1日2回」2巻より(いくえみ綾/集英社)

恋と家族と猫を執拗に描く少女漫画家、というイメージ。

数年ぶりに著作を読んだら、思春期に代わって中年の、思春期の子を持つ親を主人公に描くようになっていました。

自分が学生時代に人生で初めてつきあった彼女が、別冊マーガレットで連載中だったいくえみ綾の漫画にハマっていて、貸してもらったり一緒に別マの新号を読んだりしたのが、いくえみ綾を読むようになったきっかけでした。

f:id:AQM:20211222032215p:plain

「1日2回」2巻より(いくえみ綾/集英社)

その彼女には最終的に「他に好きな人ができた」と言われてお別れしたんですが、それまでの間、彼女と彼女の母親と姉の3人暮らしのマンションの部屋に入り浸って、「アンタ早くこんなのと別れた方がいいわよ」とか言われながら、みんなでご飯を食べたりゲームをしたりして何年か過ごしました。

ちょうど今巻で回想シーンの青春時代にれみの家に季とチューやんが入り浸って?いる雰囲気が似ているので思い出しました。

猫はいませんでした。

f:id:AQM:20211222032235p:plain

「1日2回」2巻より(いくえみ綾/集英社)

その彼女と別れた後も、いくえみ綾の新刊の単行本を買う自分の習慣は続き、次の彼女やその次の彼女とも一緒に読んでました。

さすがに彼女たちに「いくえみ綾を読むと初めての彼女のことを思い出すんだ」と言う度胸はなかったし、かと言って男友達と少女漫画の話はしないですし、いくえみ綾について語り合えるような女友達もいなかったので、こんな話を他人にするのは初めてになります。

ブログっていいですね。

f:id:AQM:20211222032252p:plain

「1日2回」2巻より(いくえみ綾/集英社)

はて、何の話をしてたんでしたっけか。

あんま漫画の中身と関係ない話なんですけど、そういう話をしたくなる漫画です。

 

 

aqm.hatenablog.jp