AQM

I oppose and protest Russia's invasion of Ukraine.

#転スラ日記 転生したらスライムだった件 6巻 評論(ネタバレ注意)

ラノベ・なろう系で隆盛する異世界転生ものでも最近最もヒットしている作品のひとつ「転スラ」の出来物の日常4コマスピンオフ。

『転スラ日記 転生したらスライムだった件』6巻より(伏瀬/柴/講談社)

自分は転スラは嗜む程度でどハマりしてるほどではなく、このスピンオフ4コマ「転スラ日記」に至っては完全に作者の柴先生目当て。

「家康に過ぎたるもの二つあり、唐の頭(兜の飾り物)に本多平八(忠勝)」

という言葉に倣うなら

「転スラに過ぎたるもの三つあり、アニメ人気にコミカライズのヒットに柴先生の転スラ日記」

という感じ。

『転スラ日記 転生したらスライムだった件』6巻より(伏瀬/柴/講談社)

ただの読者なんで軋轢を恐れずに言うと、本編コミカライズより絵も上手い。

6巻ということで、話もだいぶ進んで、主人公がテンペストを留守にしてイングラシアの教師編、の終盤から。

本編の最新刊とは時系列でだいぶ水を開けられてはいますが、奇しくも(でもないか)ヒナタにフィーチャーしたエピソードが増えるところ。

『転スラ日記 転生したらスライムだった件』6巻より(伏瀬/柴/講談社)

内容的にも主人公がイングラシアを離れるのと同期して、テンペストに悲劇が訪れるタイミングなので、日常コメディ4コマではありますがシリアス成分が高め。

ギャグコメ成分も、一般論的に通じそうなネタの比率が下がって、本編ファン向けに特化してきてる感はあります。

自分も「転スラ」読者であるもののライトユーザ気味な方なので、理解できないネタがだいぶ増えてきました。

『転スラ日記 転生したらスライムだった件』6巻より(伏瀬/柴/講談社)

その代わり、ある程度のスピード感でエピソードをこなしていかなきゃいけない本編に対して、特に情緒面で補完するようなシリアスなエピソードも同時に増えていて、イングラシアの孤児たちとか本筋的には一旦置いていかれがちなところをページを割いて丁寧にフォローしてるな、という感じです。

『転スラ日記 転生したらスライムだった件』6巻より(伏瀬/柴/講談社)

テンペストの悲劇がこの後に本格化するところで次巻、ということで、本編の展開に合わせて次巻もシリアスなエピソードが多めになると思いますが、このスピンオフらしい優しい視点からのフォローに期待してしまいますね。

 

 

aqm.hatenablog.jp