AQM

I oppose and protest the Russian invasion of Ukraine.

#ペリリュー ―外伝― 1 ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 評論(ネタバレ注意)

徴兵・動員されたと思しき若者・田丸は昭和19年夏、南太平洋パラオ諸島のサンゴ礁に囲まれたわずか13平方kmの小さな島・ペリリュー島で一等兵として軍役についていた。

飛行場を備えたこの小さな島は戦略的要衝として、日本軍守備隊1万と米軍上陸隊4万が相争う地獄と化していく。

『ペリリュー ―外伝― 1 ペリリュー ─楽園のゲルニカ─』より(武田一義/平塚柾緒/白泉社)

漫画を描くことが趣味な田丸は小隊長から「功績係」として、戦死した戦友たちの記録と、遺族への手紙のゴーストライターを任される。

圧倒的なアメリカ軍の物量。島をすっ飛ばしてフィリピンが攻略されたことにより、もはやなんの戦略的価値もなくなったペリリュー島。

 

『ペリリュー ―外伝― 1 ペリリュー ─楽園のゲルニカ─』より(武田一義/平塚柾緒/白泉社)

海上封鎖され補給すら絶たれた彼らが正規の指揮系統を通じて受領したのは、11回の御嘉賞と「持久に徹せよ」を最期に途絶した作戦指示だった。

司令部も既に壊滅したわずかな生き残りの日本軍は兵士たちは、反攻に転じた皇軍の艦隊と敵を挟撃する日を信じて決死の抵抗を続ける。

『ペリリュー ―外伝― 1 ペリリュー ─楽園のゲルニカ─』より(武田一義/平塚柾緒/白泉社)

そうする間にも沖縄戦、本土空襲、広島と長崎への原爆投下を経て、昭和20年8月15日、戦争が終わったことすら知らず…

という史実に基づいたあらすじとフィクションによるディティールで、昨年に最終巻が出て完結した『ペリリュー ─楽園のゲルニカ─ 』の外伝短編集。

本編時系列(戦時中)、狂言回しの田丸と別行動中だった吉敷の裏エピソード。

『ペリリュー ―外伝― 1 ペリリュー ─楽園のゲルニカ─』より(武田一義/平塚柾緒/白泉社)

戦後、漫画家を目指しながら吉敷の実家を訪れ家業の農業を手伝っていた田丸のその後。

本編ではあまりボリュームを割かれなかった、アメリカ軍兵士やペリリュー現地住民を主人公にしたエピソード。

相変わらず、「何のための戦争だったのか」「誰のせいだったのか」「どうすれば避けることができたのか」、何かに責を帰したり教訓めいたりしたことは描かれません。

「結果」としての戦争の更に「ただの結果」として起こった、あるいは起こったであろう、救いのない話、救いしかない話、救いのなさの中のほんの僅かな救いの話。

構成は軽くテーマは重く。

戦争によって狂った人生、帰らない生命、あるべき人生を取り戻して再出発しようと顔を上げる人々。

より個人体験レベルに接近したエピソード群でその分フィクションに寄っていて、短編で断片的であるが故に構成やテーマが自由、エピソード群のストーリーの性質が統一性がなくバラバラでカオスですが、それが却って戦争というものの個人では抗えない不公平性、視点によって戦争のネガティブさの形が違って見えることを、よく表しているように思います。

『ペリリュー ―外伝― 1 ペリリュー ─楽園のゲルニカ─』より(武田一義/平塚柾緒/白泉社)

いずれも終戦記念日の少し前の7月末、昨夏の最終巻、今夏の外伝1巻に続いて、来夏に外伝2巻が発売予定とのことです。

 

 

aqm.hatenablog.jp