AQM

あ、今日読んだ漫画

ゴールデンカムイ 15巻

明治40年前後の北海道が舞台、日露戦争二〇三高地で超人的な活躍をして「不死身の杉元」と呼ばれたけど上官半殺しにしてクビになった元軍人とアイヌの少女・アシリパのコンビを主人公に、網走監獄の囚人たちの刺青に刻まれたワンピー・・・じゃない、アイヌの隠し大金塊の地図を巡る少々血生臭い冒険もの。

財宝を狙う陸軍第七師団とかヒグマとかジジイになった土方歳三とか永倉新八とかチンポ先生とかシャチとかと戦ったと思ったら、3ページ後にいきなり野生グルメ漫画になったり味噌をうんこだと思われたりする。ヒンナヒンナ。

完結しちまうんじゃねえかと思った網走監獄編が前巻で終結、敵味方が麻のように乱れる展開が収束して、アシリパの身を追って樺太に渡る杉元、谷垣、月島、鯉登の4人。ロシアの謎の生き物と戦ったり、スチェンカ(集団ボクシング)に参加したり、ドキッ!男だらけのバーニャ(サウナ)大会が開かれたり。

ねえ、あんたたち何しに樺太の来たの。他、表紙を飾る月島の過去編など。アシリパさんも元気そうでなにより。

相変わらずギャグのセンスが狂気じみてておののくわー。