AQM

あ、今日読んだ漫画

#男爵校長High! 1〜2巻【完】 評論(ネタバレ注意)

「今日のような同じような日々をもう少しだけ
 …繰り返せるとしたら?もう一度戻ってみたいかね?」

「そうか…では!!ひとまず!!さらばだ諸君!!」

DSのアレはなんだったんだというくらい普通にギャグ・コメディ4コマ。

OYSTERファン歴の浅い自分にとっては、三部作の中では一番「自分の知ってるOYSTER作品」。一番年代が新しいので当たり前ですけど。

「超可動ガール」シリーズのプロトタイプにして作中作「少女→惑星探査」も度々登場。本作登場人物の月彦が書いた小説のアニメ化作品という位置付け。

ただ「男爵校長」シリーズの完結作、作中でもアリカたちが高校3年生〜卒業間際までということで、終盤は少々センチメンタルな雰囲気。掲載誌もタイトルもそれぞれ2回ずつ変わる紆余曲折がありながらの連載7年でOYSTER先生も期するものがあった模様。

特に最近「ど先端ナース」と「いろはさん」の間で「普通のものを描く」ことを受け入れて、尖った角も丸く見せる作風に少しチェンジしたようで、

media.comicspace.jpますます直球と変化球の見極めが難しくなった作家さんですが、今後も注意深く、とは言え気軽に、読んで楽しませていただきたい所存でございます。

 

aqm.hatenablog.jp