AQM

あ、今日読んだ漫画

#とどのつまりの有頂天 2巻 【完】評論(ネタバレ注意)

田舎の神社の実家から全寮制の女子高・有頂天高校に入学して絶賛ぼっち中だった関西弁の人見知り巫女少女と、彼女に一目惚れしてなにかと世話焼く生徒会役員のクール美少女の百合コメ。

クール美少女の手配で学校の隅の古びた神社にこっそり一人「巫女部」を設立したら紆余曲折の吸収合併で「巫女部と昭和歌謡レコード部とTOKYOファッション部とひきこも部」あらため「有頂天部」に、クール美少女は顧問に。

話も絵ヅラもうるさ…賑やかなバカコメ。かと1巻で思ったら今巻は割りと重たい話ぶっこんできて、もともと美少女顔とギャグ顔の振り幅すごかったけど、話の振り幅もすげえなコレ。

ヒロインが謎の「巫女全国大会」に出場して1コマで優勝したり、基本コメディ進行なんですけど、急に萌えキュン百合、どシリアス鬱展開、ギャグ、ラブラブ、ほのぼの、恋の苦しさなどが脈絡なく畳み掛けてきて情緒不安定で目が離せない。

可愛いし面白いしで好きなんですけど、あとがきによるとこの巻で一旦終了して、タイトル変えてキャラデザちょっと変えて角川に移籍して第1話から再スタートすることになったそうです。

('A`)? 

なんかわかんねえけど、とりあえず待ってるわ。

 

とどのつまりの有頂天(2) (ヤングキングコミックス)

とどのつまりの有頂天(2) (ヤングキングコミックス)

 

aqm.hatenablog.jp