AQM

あ、今日読んだ漫画

#手品先輩 6巻 評論(ネタバレ注意)

部活強制の高校に入学した1年生男子「助手」が、ちょっと覗いた奇術部にいたのは手品大好きだけどアガリ症で人前じゃろくに手品が出来ないポンコツ巨乳美少女の「先輩」だった1話6ページのショートギャグコメディ、ポンコツだけど楽しそうに手品に興じる可愛い先輩を愛でる漫画。

「美少女とニッチな趣味の世界に」という趣味ものコメディはたくさんあって、コメディを引っ張る存在としてヒロインはどこかポンコツ要素があるもんですが、メインテーマである趣味・手品そのものに対してポンコツという、趣味ものとして崩壊してるかわりに下品をぶっこんでエロくだらなパンチラ可愛おもしろい、よくわからない漫画になってしまってるやつ。

1巻4月に始まりこの6巻で作中9月、1冊ひと月ペース。3年生の先輩の卒業まで単純計算すれば12巻まで行く計算だけど、9月の文化祭も終わって先輩も受験生、どうすんだろ。部活引退とかするのかな。

TVアニメ化も叶い、意味深でシリアスなヒキ、ページ数調整のように載った読み切り、1巻の頃からしたら仲間も増えクラスに友達もできて、先輩が幸せそうで何よりなんですけど、あれ…もうすぐ終わんのかなコレ…いやなんですけど…

 

手品先輩(6) (ヤングマガジンコミックス)

手品先輩(6) (ヤングマガジンコミックス)

 

aqm.hatenablog.jp