AQM

あ、今日読んだ漫画

#あつまれ!ふしぎ研究部 7巻 評論(ネタバレ注意)

おっ、黒ギャル表紙やんけ。

高校に入学した大佑、部活を悩んでたところに頼まれごとで倉庫だと思って荷物運んだ先の木造の掘っ建て小屋は、オカルト担当の鈴(1年)、マジック担当の千晶(2年)、催眠術担当のことね(3年)、の3人の美少女の寄り合い所帯、「ふしぎ研究部」の部室だった!的な1話8ページの学園コメディ。

イカ娘の作者のやることなので、女の子は可愛く、ラブ・エロ・ハーレム・ギャグ・オチ・設定、あらゆる要素がユルく。

表紙がヒロイン持ち回りで黒ギャルで7人目なんですが、催眠術・マジック・オカルト・教師・風紀委員・科学実験・黒ギャルと趣味や属性に突っ込んだバラエティに富んで、絵柄とお色気も併せて、「外形的には」モダンなハーレムラブコメ「風」なんですけど、やってる中身はイカ娘の作者らしく昭和というか戦前みたいセンスのほのぼのギャグ、という膝から崩れ落ちそうになるギャップが、他が真似し難い独特の雰囲気、イイ味出してる。

いまどき節分ネタで恵方巻きが喉に詰まって気絶オチの漫画なかなかお目にかかれない。

季節が流れても時間は流れないサザエさん時空なことも併せて、エッジはなくてもまったり楽しめる学園コメディ。

 

あつまれ!ふしぎ研究部 7 (少年チャンピオン・コミックス)

あつまれ!ふしぎ研究部 7 (少年チャンピオン・コミックス)

 

aqm.hatenablog.jp