AQM

あ、今日読んだ漫画

#夜光雲のサリッサ 4巻 評論(ネタバレ注意)

戦闘機+超能力で空の怪獣と戦う空戦アクション。

幼い頃から存在を忘れられがち、思春期に入り存在感の希薄化が更に加速した存在感がマイナスの少女・隠 忍(なばり しのぶ)。新宿を歩いていた彼女を拉致同然にスカウトしたのは航空自衛隊だった。

夜光雲の向こうから現れる天翔類(エヴァの使徒のような怪獣)に対する切り札として、「『私はここに居ない』と念じ続けて欲しい」とだけ告げられ、忍は与圧服を着せられ改造F2の迎撃機「青雷」の副操縦席に放り込まれた。彼女は世界に13人いる"火球の子"と呼ばれる能力者の一人、天然のステルス体質持ちだった。

子機を使う天翔類に、積乱雲に棲む天翔類。

対するはパイロキネシスに、人体の時間を巻き戻す火球の子。正体不明の「空から降ってきた」エデス、「調律」されたダンク。

空戦シーンは少ないようでいて、登場する戦闘機/爆撃機はミラージュ、ラファール、F-16、F-15、B-2、サーブ39グリペン、アブロバルカン、B-1、となかなか豪華。双子が乗ってる輸送機?爆撃機?はなんですかね。

次巻に向けてちょっと気になるヒキ。

エデスが戦える癒し系で良い感じですけど、結局こいつは一体なんなんだよw

 

夜光雲のサリッサ(4)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

夜光雲のサリッサ(4)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

  • 作者:松田未来,※Kome
  • 出版社/メーカー: 徳間書店(リュウ・コミックス)
  • 発売日: 2020/01/11
  • メディア: Kindle版

 

aqm.hatenablog.jp