AQM

あ、今日読んだ漫画

#売国機関 3巻 評論(ネタバレ注意)

「忌々しいことに実に癪に障る
 これほどまでに殺してやりたいと思ったのは初めてです」

「じゃあ殺す?」

「いつも私は殺したい相手と握手しないといけないんですよ」

東西の大国に挟まれ緩衝国として強制的に戦火の舞台にされた小さな共和国に、両大国の都合で今度は強制的に平和が訪れて一年。

強制された屈辱的な平和、両大国と唯々諾々と安保条約を結ぶ政権を、不満を募らせる左右の過激派は「売国奴」と罵り、暴徒・テロリストと化す。

前線で血を流し友を亡くしながら平和を勝ち取った「塹壕貴族」たちは、平和をすべての脅威から死守するべく、特務機関・軍務省法務局公衆衛生課独立大隊「オペラ座」、蔑称「売国機関」を設立。「平和の敵」と化した市民たちへ銃を向けた。

「幼女戦記」原作者による情報・防諜・公安もの。

今巻は停戦中の敵国・王国の、共和国を見下して憚らない大使の着任、その警護。

警護しつつ王国内の内ゲバの大使暗殺計画をウォッチして対象が殺された後の責任は回避し主導権は奪うことを意識しつつ他人に殺させるミッション。

意外な展開で次巻に続く。暗躍する王国工作員シスター・テレサ。

次巻もそうですけど少佐とテレサの将来の対決?も楽しみね。

 

売国機関 3巻: バンチコミックス

売国機関 3巻: バンチコミックス

 

aqm.hatenablog.jp