AQM

あ、今日読んだ漫画

#神絵師JKとOL腐女子 2巻 評論(ネタバレ注意)

「あの頃の私が欲しかったものは静寂

 今は他人の感想がSNSですぐに見れる
 自分の気持ちを噛み砕いていい文章で描いてくれる人を見るとホッとする

 でも それはその人の言葉であって
 納得した瞬間に自分の感想が上書きされてしまうような
 そんな不安も感じる

 だから誰のものでもない 作品への感想 思い出 自分の感情
 そういうものに向き合う一人の時間が必要だった」

ピクシブで神BLイラストをアップし続ける神絵師・ミスミに心酔し熱烈な感想コメを寄せ続ける腐女子OL・アイ(26)。神絵師の同人誌コミケデビューにドキドキしてブースを訪れると、神絵師は可愛らしい女子高生(16)・ミスミだった。テンパってよくわからない感じになったアイはミスミに「好きです!」と告げて走り去ってしまう。

という、タイトルどおりBL好きな2人のガールミーツガール百合コメディ。

前巻でお付き合い始めまして、今巻は即売会で恋のライバル?登場、ミスミの高校の文化祭お訪ね、二人を繋いだ推しアニメ「アグオカ」の最終回。

看板は百合ですし看板に偽りはないんですけど、今巻は創作するオタクの自意識、消費するオタクの自意識、好きな作品に向き合うこと、オタクがキモいなりに大切にしていることを繊細に丁寧に。こんな微妙で伝わりにくい感情をよくぞ描いてくれた、という感じ。

そうなのよねー、他人から見たらキモくても、他人の感想や世間の評価の影響を受けちゃう前の、自分だけの初見の感動や作品への感謝の気持ち、残しておきたいし、聞いてみたいよね。

アイが珍しく年長者らしく見えた。

可愛らしい絵に似つかわしくない、キャラが脳内ではじけて人の話を聞かずにちょいちょいハイテンションに暴走しがちな細かいコメディ描写も、ギャップが相変わらず楽しい。シゲカヨかよw

というか「アグオカ」の中身が気になりすぎるんですけど、どういう最終回なのwww

 

 

aqm.hatenablog.jp