AQM

あ、今日読んだ漫画

#トニカクカワイイ 12巻 評論(ネタバレ注意)

「ぼ…僕は…君以外の女の子に…興味ないんだよ!!」

「…  ふ…ふーん…そうなんだ…じゃあ…
 なんか…そーゆー感じのやつ囁いて!」

「え? そういう感じのやつ?
 あ…うん…わかった…じゃあ…

 あ…愛しているよ…司ちゃん…」

「からの…?」

「からの!?

 えーと…じゃあ可愛いよ司ちゃん。」

「それから?」

「司ちゃん大好き。」

「だから?」

「司ちゃんだけが僕のお姫様だよ。」

「ふーん…まぁそこまで言うなら…」

俺たちは金を払ってまで一体なにを読まされているの?

理系天才フリーター・ナサくんと、謎多きクール美少女・司(つかさ)さんの、なんか可愛い男の子と女の子の新婚生活ラブコメ。

SFファンタジーな司さんの秘密を匂わすだけ匂わせつつ、触れずに初々しいラブラブ新婚夫婦の日常に的を絞って、余力を感じるというかまだ変身を残して余裕、みたいな。

前巻でなぜかナサくんが女子高の特任教師に赴任して、今巻は司さんヤキモチ感。ラブコメなめてんのかってぐらいチョロくて可愛いぞオイ。

疑念を晴らすため公然とイチャイチャして教え子たちに目撃されまくる2人。教育に悪いからこいつクビにした方がいいと思う。

他、ワイルドな脇役の人に一目惚れした白銀さんの恋愛相談、ナサくんに匹敵しそうな天才で司さんとワケありっぽい輝夜(かぐや)さんなど。

竹取物語をモチーフにしたラブコメなのでやむを得ないとは言え、白銀さんだの輝夜(かぐや)さんだの「恋愛は頭脳戦」だの、相変わらずインコース高めギリギリを突いてくる人だねw

 

トニカクカワイイ(12) (少年サンデーコミックス)

トニカクカワイイ(12) (少年サンデーコミックス)

  • 作者:畑健二郎
  • 発売日: 2020/08/18
  • メディア: Kindle版

 

aqm.hatenablog.jp