AQM

あ、今日読んだ漫画

#かげきしょうじょ!! 10巻 評論(ネタバレ注意)

AKB的なグループで総選挙13位ながら握手会でファンに「キモチワルイ」つって炎上、追放されるように卒業した元アイドル、無表情クールで人嫌いの愛。

すみれの花咲く頃、宝塚的な歌劇団に付属する養成機関・音楽学校への入学を果たし、そこで出会ったのは長身と強い体幹を持ち天然で天真爛漫で天才肌の少女・さらさ。

10代半ばで人生を自分の意思で歌劇に投じた"強い"女の子たちの、清く正しく美しく、熱くてシビアな楽しい青春。

アニメ化決定とのことで、これはとても楽しみ。

natalie.mu

さらさ達100期生の入学から1年が過ぎ、音楽学校の本科生(2年生)に。101期生達が予科生(1年生)としてご入学。新キャラにネームド新入生が2人追加。可愛い後輩系の大財閥令嬢と、だるい系クールの王子様系。

前巻で王子様系から「自分のこと"さらさ"呼び」をド直球で指摘されて矯正に取り組むさらさ。高木先生の講義でオルフェウスとエウリュディケに取り組む本科生たち。担当する予科生・財閥令嬢の悩みに寄り添おうとする愛。スター性のあるさらさの演技の新たな弱点。

本科生として担当する予科生を指導しフォローする身になったなった愛が、今になって気が付く、アイドル時代に声をかけ続けてくれていたチームリーダーの想い。

f:id:AQM:20201105052751j:plain

「かげきしょうじょ!!」10巻より(斉木久美子/白泉社)

人生は常に手遅れで、青春はあまりにも短く、作品当初はロボットのように無表情だった愛がそのことに気づき表情豊かに走り出すシーンは、太一じゃなくてもグッとくるものがありますね。

ご丁寧に見守るおっさんの視点まで用意してくれてんだもんなー。こんなん卑怯やわ。

毎巻恒例の番外編は財閥令嬢の入学までのエピソード。

最初の頃は巻の後半1/4を占めるこの番外編のおかげで本編に割く尺が短くなって、「その分、本編を進めて欲しいなー」とか思ってたんですけど、この「読み足りなさ」がいい塩梅に次巻への飢餓感を煽ったり、本編のテンポを損なうことなくキャラへの理解や思い入れが深まったりで、だんだん楽しみになってきました。

「ワンピース」とかの回想編を思い切って外に切り出した感じというか。

単純に短編としての出来もすごくよくて、これを毎巻最後に持ってくることで情緒的なお土産というか、一冊一冊の読後感がすごくいいんですよね。アニメ化に際してこのパートはどう捌くんだろうか。

毎回、派手に動く話じゃないんですけど、ジーンとくるというか、

f:id:AQM:20201105050726j:plain

「かげきしょうじょ!!」10巻より(斉木久美子/白泉社)

眩しすぎて、こんなん泣くやんか。

 

 

aqm.hatenablog.jp