AQM

I oppose and protest the Russian invasion of Ukraine.

#ぷにるはかわいいスライム 1巻 評論(ネタバレ注意)

WEB連載がネットで話題なのは知ってたんですけど、「まあ単行本になってからでいいか」と思って。で、単行本が出たので。

Amazonの商品紹介文(出版社のコメントでしょう)によると、「コロコロ史上初のラブコメ、ここに誕生!!」とのことです。

『ぷにるはかわいいスライム』1巻より(まえだくん/小学館)

コタローが小学生時代に作ったスライムが生命を宿して7年、「ぷにる」と名付けられたスライムは中学生になったコタローと相変わらず暮らしていた…

という、美少女オバQもの。

主人公が中学生というのはコロコロコミック的にはやや年長気味ですが、本誌ではなくWEB連載、「女の子に興味が出たら卒業」のコロコロコミック本誌より、もう少し想定読者層を上に拡げた日常ラブコメ作品。

『ぷにるはかわいいスライム』1巻より(まえだくん/小学館)

『ドラえもん』『オバケのQ太郎』などの藤子不二雄フォーマットは小学館の外も含めて多くのフォロワーを生み、一部作品は闖入した居候を美少女化・作品をラブコメ化したいわゆる「美少女オバQ」になりまして、

aqm.hatenablog.jp

他誌で珍しくもなくなった「美少女オバQ」フォーマットを、コロコロコミックが逆輸入、という構図。

『ぷにるはかわいいスライム』1巻より(まえだくん/小学館)

経緯が経緯なので、連想して思い浮かぶ作品はたくさんあって、物質に美少女が顕現と言う意味では『かんなぎ』とか、無性別の人外との恋愛・性愛という意味では手塚治虫作品とか、ほのぼの牧歌的なジュブナイルのギャグコメディノリは『イカ娘』とかを彷彿とさせる作風。

火の鳥 8

火の鳥 8

Amazon

門外漢から見るとキャラデザは『プリキュア』っぽくも見えますね。

巻末あとがきで

『ぷにるはかわいいスライム』1巻より(まえだくん/小学館)

連載開始にいたる割りと身も蓋もない経緯も赤裸々に描かれてて興味深いw

いかにも低年齢向けの人畜無害系のほのぼのギャグっぽい体裁ですけど、やってること『ちょびっツ』っぽいというか

ジュブナイルながら「美少女オバQ」に対する男の願望はきっちり込められていたり、ギャグコメやキャラ付けにも『ドラえもん』にも共通する狂気が潜んでいたりと、大人が読んでもなかなか楽しい作品。

『ぷにるはかわいいスライム』1巻より(まえだくん/小学館)

本来、大人向けに描かれているものではないので、(大人の)読者を選ぶところはありオチもユルいですが、『イカ娘』お好きであれば楽しめると思います。

見てのとおり、ぷにる可愛いしね。

少年と人外の、「禁断の恋」のひとつの型ではあるので、

『ぷにるはかわいいスライム』1巻より(まえだくん/小学館)

こういう作品が意外と一生忘れられない印象的なエピソードやラストを迎えたりもするんですよね、

とちょっと『まじかる☆タルるートくん』なんかも懐かしく思い出しながら。(タルるートくんの姉ちゃん萌えだった)

 

 

(選書参考)

blog.livedoor.jp