AQM

I oppose and protest the Russian invasion of Ukraine.

#百木田家の古書暮らし 2巻 評論(ネタバレ注意)

母と死別、父は単身赴任でアメリカの大学で勤務。横浜の実家で暮らす百木田(からきだ)家の三姉妹。

長女でバツイチで出版社編集のイチカ。

次女でコミュ障で会社員生活に馴染めないツグミ。

三女で高校生で闊達な自由人志向のミノル。

「百木田家の古書暮らし」2巻より(冬目景/集英社)

神保町で古書店を営む祖父が亡くなり、遺言で横浜の自宅を売却、神保町の店舗 兼 住居に転居することに。

祖父の古書店に愛着があり、今の会社の仕事には愛着がないツグミは、姉妹を代表して古書店を継ぐことを決意した。

という、冬目景の新作は本の街・神保町の古書店を舞台にした三姉妹の物語。

「百木田家の古書暮らし」2巻より(冬目景/集英社)

「三姉妹〜四姉妹」ものの作品は、「長女の事情」「次女の事情」「三女の事情」とそれぞれをヒロインとするエピソードが複数同時に並行して進む作品が多いですが、この作品もそういう感じです。ギャグコメの『みなみけ』までをカウントしても、どこか物憂げでローテンションな日常ものが多いジャンル、というイメージ。

作品を貫く大きな縦軸、というよりは中小の縦軸が複線で走っていて、「イチカの人生事情」「ミノルの青春事情」「ツグミの古書店 繁盛期+α」に「幻の画家の遺作を巡るミステリー(サスペンス?)」要素、が1巻で提示されています。

「百木田家の古書暮らし」2巻より(冬目景/集英社)

横軸は「古書店のお仕事描写」「長女や三女の恋愛模様」「三姉妹の日常生活の会話劇」などなど。

アンニュイというかどこか物憂げな画風と間で、文学的な含蓄を勘ぐられがちな作家ですが、今作を見る限り古書店経営の静かなダイナミズムを日常風景やパーソナルな事件も交えながら「普通」に描こうとしているように思います。

これまでの冬目景作品に通底していた、なにかバッドエンドを予感させる物悲しげな空気感、無常を感じさせる淡々としたイメージが薄れて、もう少しカジュアルに読者に楽しんで欲しい、というか。

古書店というモチーフはいかにも文学的で地味ですが、なんだろな、ミニシアター系の映画を中心に撮って固定ファンを獲得してきた映画監督が、NHKの連続テレビ小説を撮っているような感覚。

「百木田家の古書暮らし」2巻より(冬目景/集英社)

今巻、買い取りに持ち込まれたニッチでマニアックな本(?)に法外な値段をつけたら好事家にすぐ売れてしまったり、竹取物語やハンター試験のような「レアものゲット」のオーダーが入ったり、SSRで高く売れるけど手元に置いておきたいジレンマが描かれたりと、古書店の商売で起こる静かでダイナミックな出来事が、ちょっと楽しげに描かれます。

勤め人をリタイヤして趣味の延長マインドで悠々自適に古書店経営とか、人文系のちょっとした憧れではありますよね。

反面、そんなに甘いもんじゃいし、そんなに甘かったら古書店こんなに潰れてねえよ、って話なんですけど。

古書店の現実の最近はフリマサイトに代替されたり、転売ヤーが問題化したりと、世知辛いトピックばかり聞こえてくるようになりましたが、その辺のビジネスの厳しさは匂わせつつもフィクションとして上手に隠して、「ちょっとした夢の職業」をいい感じに煽ってきますね。

「百木田家の古書暮らし」2巻より(冬目景/集英社)

知識と人脈を駆使して靴をすり減らしながら「幻の一冊」を追う仕事とか、ロマンがあって、いいなあ。

 

 

aqm.hatenablog.jp