AQM

あ、今日読んだ漫画

新九郎、奔る! 1巻 評論(ネタバレ注意)

「新作も待ってまーす。」 新作同時発売じゃないですか、やだー。室町後期(戦国初期)の武将、北条早雲の伝記もの。享年64歳説を採用。早雲どころか新九郎どころか1冊まるごと使って千代丸11~12歳の話。

ゆうき先生ももう還暦だし、この作品をライフワークにするつもりかもしんないね。アクションなし、おじさんばっかり、後藤隊長や内海課長の暗躍とかが好きな人向け。山名宗全が完全にゴリラなんですけどwww

話し言葉に「男のロマン」「それが武家のリアル」「ウィンウィンの関係」とか横文字も厭わず使うのでレビューで「現代言葉に違和感」との苦言も。司馬遼太郎作品も出版当時こんな感じだったのかしらん。

(2018/08/10 20:03:00のはてなハイクから転記)

 

aqm.hatenablog.jp