AQM

あ、今日読んだ漫画

#くノ一ツバキの胸の内 2巻 評論(ネタバレ注意)

「お…男には…股に棒のようなものが付いているのらしいですが…」

「そ…その名も、ちんちん。」

「…という…らしいです…」

なんだこの漫画…

外界から隔離された人里離れた山奥の里でくノ一として養成される少女たち。
隔離されているが故に、彼女たちは「男」という存在を「先生が危険だという生き物」として断片的にしか知らず、ある者は倒すべき怪物として、ある者は幻の生き物として憧れを抱いていた。

あかね組の年長の優等生の少女・ツバキも、自制しつつも男が気になるお年頃だった…

という、くノ一学校を舞台にした耳年増日常コメディ。

いくら言い聞かせても男の怖さが身に染みない生徒たちに業を煮やしたハナ先生、自ら男役となって捕まったら夕食抜きの鬼ごっこ。その渦中でツバキは衝撃的な事実を知ってしまう。男が…怖いというのは…嘘…?観念したハナ先生は男に関する秘密を明かす。「恋」とは一体…?

なんだこの漫画…

その他、お人好しの少女・モクレンの休日編。戌班vs丑班、ツバキとヒナギクどっちが可愛いか対決編。男を見たことがある転入生がやってきた編。

可愛いくノ一美少女「だけ」がたくさん出てきて楽しい!という漫画。モクレンがお人好し可愛い。 

 

aqm.hatenablog.jp

 

aqm.hatenablog.jp