AQM

あ、今日読んだ漫画

#ラジエーションハウス 7巻 評論(ネタバレ注意)

幼い頃にそれぞれお医者さんとレントゲンの人になって患者さんたちを助ける約束をした女の子と男の子。男の子は約束を果たしさらに研鑽を積み天才的な技量を持つ放射線技師となり、果たして女医になっていた女の子が務める病院に遂に採用された。が、女の子は約束どころか、男の子のことさえ憶えていなかった…男の子は平凡な技師を装いながら、女の子を陰ながら支えるのだった…

というボーイ・ミーツ・ガール・アゲインなラブコメ医療ドラマ。「今日のあすかショー」のモリタイシの次作、原作・監修は別の人。

前巻最後で男の子の正体に気づかないまま、彼が実は医師免許を持っていることを立ち聞きしてしまったヒロイン。2人の仲に進展はあったでしょうか。

今巻前半は放射線科医療の読影技術のAI化、特化型人工知能と汎用人工知能のお話。後半はMRI装置の事故・クエンチのお話。クエンチに関する知識、自分はたぶん一生役に立てる機会はないと思いますけど、こういう無駄な雑学が増えていく感じ楽しい。

これまでの巻の、主人公の読影技術を活かした探偵もののような医療ドラマに比べて、だいぶ力技でだいぶラブコメ的。

この人の描く女の子も、ホントに可愛いですよね。

 

aqm.hatenablog.jp