AQM

あ、今日読んだ漫画

#機動戦士ムーンガンダム 3巻 評論(ネタバレ注意)

アナザーではなく宇宙世紀もの、「逆襲のシャア」の1年前の設定、主人公は科学文明を絶ったロハスなコロニー「ムーン・ムーン(ZZに登場)」の少年・ユッタ。ちなみにムーンガンダムはサザビーのプロトタイプに漂流してきたガンダムの頭部を載っけたもの。

作話は福井晴敏とのことでアンチ気味な方は回れ右です。宇宙世紀のミッシングリンク系はだいぶ前から福井晴敏とArk Performanceが定番化してますね。本作は「ハイ・ストリーマー」にも連結するそうで、「アムロとシャアを出していい券」が発行されてます。

おなじみのボーイ・ミーツ・ガンダムの初期シーケンスがこの巻で終わり、いつものようにミネバが攫われました。ピーチ姫かよ。
次巻からは舞台がムーン・ムーンから離れそうな感じ。

顔見せでアムロとシャアがちょっとだけ出ましたが、本筋に絡むのか、ただのファンサービスなのか。アムロの乗機はディジェじゃないよなコレ。ジェダですかね?

Ark Performanceがファンサービスを散りばめながら本筋の隙間を細密に埋めるスピンオフなら、福井は新たな本筋を作ってしまうスピンオフという感じ。骨太ですけど好き嫌いは分かれそうよね。

 

aqm.hatenablog.jp

 

aqm.hatenablog.jp