AQM

あ、今日読んだ漫画

#小さいノゾミと大きなユメ 1巻 評論(ネタバレ注意)

女子高生の望美(16)は、意識が覚めると記憶を失い身長12cmになって神社の神木の前に横たわっていた。

野良猫に追われ逃げ込んだ先は由芽(22)が暮らすアパートの汚部屋。由芽は会社を辞めて親の仕送りで暮らすニートだった。

由芽に見つかった望美は、泥酔が見せた由芽自身の妄想であると名乗り、人生に悩む由芽の相談相手としてアパートの一室で奇妙な共同生活を始める。

というファンタジーコメディ。今んとこ百合要素はほとんどなし。

小美人との生活というとOYSTERの「超可動ガールズ」、内田春菊の「南くんの恋人」、ジブリの「アリエッティ」他、藤子不二雄や手塚治虫、SFとかガリバー旅行記とか。

小びとの生活描写だけで結構楽しく読めちゃったり。漫画では不条理SFで男女の組合せが多いテーマだけど、今作はSF要素薄めで女の子同士。

他、他の小びとや、望美に瓜二つの女子高生の存在の謎など残して次巻に続く。

現時点ではSF?ファンタジー?百合?コメディ?泣ける系?どこに転がっていくのかよくわらかん。割りとモーニングKCブランドの信用買い。

画面の印象がいかにもモーニング系っぽいけど、商業キャリアはまんがタイムKR系の人なのね。

 

小さいノゾミと大きなユメ(1) (モーニングコミックス)

小さいノゾミと大きなユメ(1) (モーニングコミックス)

 

aqm.hatenablog.jp

 

aqm.hatenablog.jp

 

(選書参考)

blog.livedoor.jp