AQM

あ、今日読んだ漫画

#異世界居酒屋「のぶ」 10巻 評論(ネタバレ注意)

お、前巻に続きシノブちゃんメインの表紙。いいぞ。

店の玄関が中世ファンタジー世界の古都の通りに繋がった、店主兼板前のタイショーと店員のシノブちゃんの2人でやってる現代日本の居酒屋「のぶ」。王族・貴族・騎士・庶民の皆様にトリアエズナマとアツカンと日本の味覚を提供して皆で美味しいものを食べればどんな問題もすべて上手くいく異世界チート美味しんぼ。

ラノベ・なろう系は詳しくないけど「異世界もの+◯◯」でバトル以外で活躍する系の嚆矢の一つに見える。

現代人が異世界に行ってバトルが強いってのも本来おかしな話で、大抵の強さは転移に際しての「ギフト」由来で、それがなければ現代の知識と知恵で活躍するのがあるべき姿ではあるんだけど。

ただ出色のアイデアながら出オチの一発ネタみたいなとこはあって、本来は「3巻くらいかな〜」というサイズのテーマで、原作者に大変失礼な話だけど実は私はとっくに飽きてんだけど、飯が美味そうなのと、今巻も表紙を飾る看板娘のシノブちゃんが可愛いから惰性で読んでる感じが強い。

でも意外と正しい楽しみ方のような気もする。ある意味TVの「コナン」や「クレしん」みたいなもので。

20年後も続いてたりしてw

 

 

aqm.hatenablog.jp