AQM

あ、今日読んだ漫画

#ワールドトリガー 194〜195話 (ジャンプSQ. 2020年5月号) 評論(ネタバレ注意)

ワートリ掲載中。

 

B級ランク戦、最終第8戦も大詰め。

 

通算ポイントは

1位 二宮隊 37p+α?
2位 影浦隊 36p(+3p)
3位 玉狛第二 36p
4位 生駒隊 30p+α?
5位 東隊 29p(+4)
6位 王子隊 28p+α?(+3p)

 

今戦は

1位 二宮隊 37p+α?
3位 玉狛第二 36p
4位 生駒隊 30p+α?
7位 弓場隊 ??p

 

前回終わって戦況は

二宮隊 2p(隠岐/弓場) 二宮匡貴(射)/犬飼澄晴(銃)/辻新之助(攻)

玉狛第二 2p(生駒/帯島) 三雲修(射)/空閑遊真(攻)/雨取千佳(狙)

生駒隊 2p(ヒュース/外岡) 全滅

弓場隊 2p(水上/南沢) 全滅

 

前回まではこちらから。

aqm.hatenablog.jp

「第194話 三雲修⑱」、「第195話 雨取千佳⑨」。
扉絵なし、21+21の本編計42ページ、アニメ化の特集(ビジュアル公開)1ページ。

以下、宣伝のあとにネタバレ情報を含んで論評しますので閲覧ご注意。

 

 

 

 

(宣伝)

 先月、CoDを始めた話をしましたが、その後バトロワも無料でサービス開始されて盛り上がってます。

【PS4】コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア

【PS4】コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア

  • 発売日: 2019/10/25
  • メディア: Video Game

 

 

7.1chのゲーミングヘッドセット買った話もしましたが、

 

 

とうとうこんなものまで買ってしまいました。

 

(余談) 

参考にCoDの実況動画や解説動画をよく観まくるようになりました。

ぐっぴーさんとか。すごい時間泥棒。メンバー登録までしてしまった。

www.youtube.com

こんなに上手く、一生なれる気がしねえ。

 

 

 

(扉絵)

なし。

 

(第194話 本編)

密集して三方向に目を配る二宮隊を前後から遊真と修が挟撃、狙いは二宮一本。千佳の居場所はまだ伏せる。犬飼が修を牽制する間に中間距離で遊真と二宮の1vs1、遊真の両腕が破損。後方遠方のビル屋上から千佳が二宮を狙撃、犬飼に防がれる。鉛弾。やはり千佳はキルできないのか。居場所が知れた千佳に辻と犬飼を走らせ、二宮は遊真・修と1vs2で対峙。修が望んでいた1vs2。

「最終攻防(ラストバトル)…!!」(ジャンプSQ.2020年5月号より)

 

(第195話 本編)

遊真に両手攻撃に入った二宮の隙を背後から突こうとする修の、その更に背後から、千佳を狩りに行ったと見せかけた辻が反転、襲いかかる。その更に背中を千佳がスナイプ、キル!気を取られた二宮に背後から修がシュート、横に躱されるも修の弾幕が追尾!まさかの「隠し球」追尾弾が二宮を捉え、ズタズタに。遊真が二宮に詰めてトドメ。放心状態でへたり込む千佳に詰めていた犬飼が処理、二宮の指示で撤退。玉狛第二の勝利、2位以内確定。

「遂に…掴み取った『2位』確定−!」(ジャンプSQ.2020年5月号より)

 

ジャンプSQ. 2020年5月号

ジャンプSQ. 2020年5月号

 

(所感)

開幕時の戦力は

B級暫定1位 二宮隊 二宮匡貴(射)/犬飼澄晴(銃)/辻新之助(攻)/氷見亜季(OP)

B級暫定3位 玉狛第二 三雲修(射)/空閑遊真(攻)/雨取千佳(狙)/ヒュース(万)/宇佐美栞(OP)

B級暫定4位 生駒隊 生駒達人(攻)/水上敏志(射)/隠岐孝二(狙)/南沢海(攻)/細井真織(OP)

B級暫定7位 弓場隊 弓場拓磨(銃)/帯島ユカリ(万)/外岡一斗(狙)/藤丸のの(OP)

 

今回終わって戦況は

二宮隊 2p(隠岐/弓場) 全滅(犬飼は撤退)

玉狛第二 6p(生駒/帯島) 三雲修(射)/空閑遊真(攻)

生駒隊 2p(ヒュース/外岡) 全滅

弓場隊 2p(水上/南沢) 全滅

 

通算ポイントは

1位? 二宮隊 39p+α?
2位? 玉狛第二 42p
3位 影浦隊 39p(+3p)
4位? 生駒隊 32p+α?
5位? 東隊 33p
6位? 王子隊 31p+α?

(「+α」は前節の結果と今節の昼の部の得点が描写されていないので不明だと思う)


ということで2位以内確定。いんやー、クライマックスだけあって激熱で面白かったね。


無傷同士の3vs3から詰将棋のような流れでしたけど、分解すると

①遊真が二宮に遠隔攻撃、二宮シールドして反撃

②修が二宮を射撃、犬飼がシールドして反撃、深追いしない

③辻と犬飼は姿の見えない千佳を警戒

④二宮が1vs1で遊真にダメージを入れる

⑤再度、前後から遊真と修が二宮に遠隔攻撃、本人と辻に防がれる

⑥その隙にビルの屋上から千佳が鉛弾で二宮を狙撃、犬飼の腕に防がれる

⑦二宮がビルごと千佳を射撃、千佳は大防御

⑧二宮の指示で辻と犬飼が千佳を狩りに走る

⑨修は千佳に鉛弾で辻と犬飼から身を守るよう指示

⑩二宮、遊真にフルアタック(両手攻撃)

⑪その隙をついて修が二宮の背中を狙う

⑫その隙をついて千佳に行くと思われた辻が反転して修の背中を狙う

⑬その隙をついて鉛弾で防御に徹すると思われた千佳が辻の背中を実弾で狙撃

⑭辻、鉛弾を防ごうとするも実弾に貫通されてキルされる

⑮フルアタック中、更に千佳が実弾を撃ったことに気を取られた二宮の背中を修が射撃

⑯視野に入っていた二宮、修の射撃を横に躱す

⑰修の射撃が二宮を追尾して深刻なダメージを入れる

⑱遊真が距離を詰めて足のスコーピオンで二宮にトドメ

⑲千佳に詰めていた犬飼が言葉を交わした後、千佳を処理

⑳犬飼、二宮の指示を受けて撤退

 

二宮。

騙しは⑧でメンバー2人を千佳を狩りに行かせたこと。よく考えると、トリオン量が莫大とはいえ場所が割れた千佳に対して、辻と犬飼の2人を充てたの過剰戦力気味。

終始、千佳が「実弾を撃てるかどうか」を気にしていた。

解説のモノローグの

「『技』には『技』で 『駆け引き』には『駆け引き』で捻じ伏せる」

が裏目に出た感じ。結果論で言えば、辻vs遊真で互角、二宮vs千佳で勝ち、犬飼vs修で勝ち、で力でごり押しした方がヒュースがいない状態の玉狛第二を手詰まりにできたと思うけど、相手の土俵に乗る性格を修に読み切られた感じ。

敗因は千佳が撃てるかを気にしたことと、性格を修に読まれたこと。

最後まで千佳を気にしたのは、自分の過去のメンバーのことが脳裏にあったのかもしんないね。

 

修。

騙しは、

A.戦前でワイヤーアステロイドを捨てて追尾弾を仕込んだこと

#ワールドトリガー 194〜195話 (ジャンプSQ. 2020年4月号) 評論(ネタバレ注意) - AQM

外したのはスパイダーじゃなくてアステロイドでは? オビ=ニャン戦でスパイダー地帯ありましたし。

2020/04/03 10:45

b.hatena.ne.jp そうだわ…

B.②で追尾弾を真っ直ぐ撃ったこと

C.⑥で千佳に鉛弾を撃たせたこと

D.⑨で千佳に「鉛弾で」「身を守れ」と2つ嘘の指示をしたこと

E.⑬で千佳に実弾を撃たせて意識をそっちに向かわせたこと

F.⑰で追尾弾を曲げたこと

千佳を意識する二宮にC・D・Eで揺さぶりをかけつつ、その隙を突いてA・B・Fで騙した感じ。

「千佳が撃てるか」は読者もやきもきさせられましたしね。A・B・Fは自分のトリオン量の少なさも伏線に。ヒュースの「追尾弾が隠し球」も「お前も曲げるんかい!」と伏線に。

もう嘘ばっかこの主人公w 解説陣も全員騙された。

二宮が駆け引き勝負の土俵に乗ってくれちゃったおかげとも言えるし、それを読み切ったとも言える。

ワイヤー以外、策で勝利に貢献したの、初めて見たような気もする。

鳥丸との「…勝った」のハモりはシビれたね。あのコマだけちょっとイケメン化しとるw

 

千佳。

撃ちましたねえ。でもランク戦の最後の最後で、作者としても千佳が地球人に実弾を撃つシーンはあまり描きたくなかったのかもしれない。「ついに」の見開きの射撃シーンもシビれた。それが二宮に向かないで辻を落としたっていうのが、なんというかこの作品らしい渋さ。

犬飼に撃たれて落ちましたけど、ちっちゃい女の子がスーツ姿の男に機関銃で撃たれるシーンも、作者は描きたくなさそうだな、と思った。効果音だけで、描かなかったね。

 

遊真。

普通だった。

 

辻。

空中で察して鉛弾を防ぎにいったのはさすがだったけど、基本的にやられ役だった。

 

犬飼。

この人、今回の最初っから最後までずっと激戦区に参戦しっぱなしで、ポイントは千佳を落とした1ポイントだけでしたけど、損害も腕一本だけという、要所要所でキーマンになる渋い活躍。サッカーでいうCMF/DMFのポジションというか、ブスケツみたいな。

へたり込んでる千佳もどうなんだって感じだけど、今から撃つ相手に話しかける余裕っぷり、「俺1人であの2人とやるのイヤなんですけど」と言わんばかりの「最後までやります?」

 

王子。

上から目線で「惜しかったねオッサム」とか思ってしまった。

 

鳥丸。

「…勝った」のハモりシビれた。当然知ってたよね。

 

小南パイセン。

やっぱお前はびっくりすんのかよw 最後泣いてて可愛ゆ。

 

次回は今回の感想戦と反省会、あと勝ったら二宮がなんかおしえてくれるんでしたっけ。

その後は、こんなに面白かったランク戦が終わってしまって、どうなりますやらこの漫画。