AQM

あ、今日読んだ漫画

#パンダ探偵社 1巻 評論(ネタバレ注意)

一昨年WEBで発表され、単行本化されたのも一年以上前の作品で、新作と呼ぶには時間が経ちすぎていますけども。

「突発性多発性染色体変容」、いわゆる「変身病」。

人体が徐々に特定の動植物に変容していき、最終的には人格も失われて完全に動植物化する奇病。

主人公・半田はジャイアントパンダになってしまう変身病だった。病の進行が原因で職を辞した半田は一年後、パンダになりかけの姿で、高校時代の先輩・竹林の、変身病絡みの依頼をこなす探偵事務所で助手として働いている。

という、単話完結型の連作短編というべきでしょうか?

「本能が飛べると言ってる…
 もう 思い出も消えてくし」
第一話、街でスリをして暮らす16歳の少女。

「この種のヘビは30年生きます 末は永い…
 奥さんこそよほどのもの好きですよ」
第二話、完全にニシキヘビ化した太巻さんの捜索。

「地球一周泳いでようやく分かる
 オレはクジにはかなわない」
第三話、五輪金メダルを争う水泳選手の変身病疑惑。

「肉が違う 骨が違う 血ィが違う 心が違う
 ホラさっさと逃げんど 全員ころしまっせ」
第四話、動物園で展示される絶滅種・ギガンテウスオオツノシカをめぐる顛末。

「その日ホールに音楽と草はらが生まれアヤさんは指を2本失った」
第五話、植物化が始まったピアノの天才少女のもとに届く脅迫状。

変身病によって人生が変容していく患者たちの事件を通じて、いつかパンダになってしまう自分と引き比べて苦悩する半田。気になるヒキで2巻に続く。

特殊でシュールなシチュエーションにとても切ない情動やセリフをブッこんでくる様は、ちょっと往年の筋肉少女帯の歌詞とか思い出してしまいますね。