AQM

あ、今日読んだ漫画

#ひとりぼっちの○○生活 7巻 評論(ネタバレ注意)

アニメ化された「三ツ星カラーズ」で著名な作者の別作。この作品もアニメ化済み。

引っ込み思案でぼっち体質の女の子「一里(ひとり)ぼっち」が中学入学を機に一念発起して友達作りをがんばるコメディ4コマ漫画。テーマ的には「古見さんは、コミュ症です。」に似てる感じ。只野くんいないバージョン。

中学3年の1学期、夏休み、2学期、冬休みの始まりと、駆け抜ける1冊。進路の悩みどころか受験シーズン突入まで行っちゃいました。

ぼっちの目標「クラス全員と友達になる」も達成まであと3人、というところ。目下の悩みは仲良し全員で同じ高校に合格すること。

f:id:AQM:20210127014201j:plain

「ひとりぼっちの○○生活」7巻より(カツヲ/KADOKAWA)

読みながら、どうすんのかしらねコレ高校生編に入るんかしらん?とか思ったらあとがきによると次巻で完結とのことです。

まあ、そうだよねー。

同じ作者の「三ツ星カラーズ」もこないだ完結巻が出たところで立て続けの完結で寂しい限りですけど、順調に8巻で完結と中々読者に優しい構成とペース。次回作も楽しみですね。

ささやかで呑気な漫画ですけど、これだけ自分の弱さと向き合い続ける漫画のヒロインも中々いねえわな。「あと○人!あと○人!」コールで応援したい。

ラスト1冊、ハッピーエンドしか期待してませんので、有終の美をぜひともお願いしたいところ。

 

 

aqm.hatenablog.jp