AQM

あ、今日読んだ漫画

#魔都精兵のスレイブ 8巻 評論(ネタバレ注意)

各地に突如出現した門の先に広がる魔都。人を襲う鬼が巣食い脅威となっていた。政府は能力者の女性で構成される「魔防隊」を組織し鬼に対抗する。

男子高校生・優希は帰宅中に魔都に迷い込んだところを魔防隊七番組組長・京香に救われる。彼女の能力は生命体の潜在願望を叶える義務と引き換えに奴隷として使役・強化し戦わせる能力だった。

平たく言うとバトルでこき使われる代わりに勝ったらエッチなご褒美な感じだった。

f:id:AQM:20210805015736p:plain

「魔都精兵のスレイブ」8巻より(タカヒロ/竹村洋平/集英社)

和月のバトル絵、GS美神の設定とキャラ、ハーレムギャルゲー要素、ジャンプのバトル漫画の定番展開、という感じ。あと乳首!

魔防隊のトップが集う組長会議に合わせるような敵の襲撃。影でそれを操るテロリストの前に降臨した最強の能力者、総組長・山城恋の能力が明らかに。

f:id:AQM:20210805015622p:plain

「魔都精兵のスレイブ」8巻より(タカヒロ/竹村洋平/集英社)

前巻がドエロいじゃなかったドエラいとこで終わってしまった、その続き。

かと思ったら割りとあっさりと。

かと思ったら巻末に描き下ろしでねっとりと。

乳首券乱舞!

なんでもないです。

今巻はなんか急に名門・東家の次期当主選定戦、バトルロイヤルに。

f:id:AQM:20210805015707p:plain

「魔都精兵のスレイブ」8巻より(タカヒロ/竹村洋平/集英社)

絵もバトルの演出もハイクオリティでかっこいいのに、王道能力バトル漫画の本命感が薄いというかまったくないのはなんででしょうね。

エロの比率の高さ故にメジャーな位置に置けるわけがない、というのもありますが、ハイクオリティななにかの「延長線上」を淡々とこなしてる感じも。

作者・編集陣は十分に作品をコントロール下に置いていてそれ故のクオリティという感じで、この作品を読み続けてる読者の要求を満たし続けてはいるものの、メリハリはあるのにどこか単調で、無いものねだりとわかっていつつも、タガが外れて筆が滑って情念が迸ってメチャクチャになるようなところこそ見てみたいなあ、などと無責任なことを。

かと思えば、ただただ好きな描きたいものを描きたいように好きに描いてるだけのようにも見える瞬間も多々あって、なんつーか読んでる自分でもこの漫画にどうなって欲しいのかよくわかんねえんですよねえ。

次巻から本筋で新展開っぽいのでちょっと期待。

 

 

aqm.hatenablog.jp