AQM

あ、今日読んだ漫画

#銀河のカーテンコール 1巻 評論(ネタバレ注意)

アキバBlogで紹介されていたのがきっかけで。レーベルはモーニングとのことです。

初めて読む作家さんですが、たぶん女性じゃないかなと思います。過去作品もBE・LOVEレーベルだったり。

f:id:AQM:20210830022949p:plain

「銀河のカーテンコール」1巻より(北駒生/講談社)

妻を亡くし、70歳を迎え引退することにした庭師の親方・誠(せい)と、30歳を迎え同年代の婚約者との婚約を解消した図書館司書・眞(まこ)。

2人は居酒屋の隣の座敷でそれぞれ引退と結婚を祝われていたが、誠は引退の撤回を、眞は婚約の解消を、それぞれ周囲に言い出せずに「一巻の終わり」を迎えてしまう。

f:id:AQM:20210830022854p:plain

「銀河のカーテンコール」1巻より(北駒生/講談社)

言い出せないまま不本意に祝われた主役同士、2軒目に飲みに行くことになったが…で始まる、年の差40歳の大人のラブロマンス。

自分が読んだ漫画だと「うさぎドロップ」すら越えて年の差記録更新かな。西炯子の『娚の一生』が印象に残ってますが、見返すと20歳も離れてるわけではなかったでした。

まあ年の差が大きければ偉いとか面白いとかいうものでもないですけど。

f:id:AQM:20210830023017p:plain

「銀河のカーテンコール」1巻より(北駒生/講談社)

庭師のエピソードを通じた木・花・そして星を絡めて、年の差から当初は恋愛対象として相手を見ていなかった2人が、徐々に互いに惹かれあっていく機微を、繊細に抒情的に。

子どもの頃に、TVのCMで「恋は、遠い日の花火ではない。」というキャッチコピーがあって、CM自体はあまり好きではなかったんですけど、キャッチコピーは好きだったな、と久しぶりに思い出しました。子どもが惹かれるコピーではなかったと思うんですがw

f:id:AQM:20210830023107p:plain

「銀河のカーテンコール」1巻より(北駒生/講談社)

年の差恋愛ものってあらすじだけ見ると中高年のおっさんの妄想話のようでいて、心理描写が繊細で、意外と女性に人気の作品、人気女性作家の作品も多いんですよね。

「〜に似ている」というのは作家に失礼かと思いますが、いくえみ綾とか好きな方は、本作も楽しめるんでねえかなと。

f:id:AQM:20210830023135p:plain

「銀河のカーテンコール」1巻より(北駒生/講談社)

気に入ったので過去作も読んでみようかな。

 

 

(選書参考)

blog.livedoor.jp