AQM

I oppose and protest the Russian invasion of Ukraine.

#FX戦士くるみちゃん 1〜2巻 評論(ネタバレ注意)

こうして見ると美少女麻雀漫画「咲-Saki-」のFX版みたいなルックスですけど「咲-Saki-」と違うのは、この4人のうち1〜2人ぐらいは最後に自殺しそうな匂いがぷんぷんするとこです。

f:id:AQM:20220204141538p:plain

「FX戦士くるみちゃん」2巻より(炭酸だいすき/でむにゃん/KADOKAWA)

癒し系の萌え漫画と勘違いして買わないように気をつけましょう。恋愛要素も百合要素も、自分の目から見るとほぼ在りません。

例えこの漫画が大ヒットしても、影響されてFX始めて破産して「作者を●して俺も◯ぬ」なんて奴が万が一にも現れないよう、FXにのめり込む初心者の心に生じる闇が念入りに描かれた作品。

 

2008年、中学3年の少女・くるみの母親は、単身赴任の夫に内緒で家計をFXの豪ドル円につっこみ、リーマンショックによる金融危機での2000万円の損失を出して自殺した。

2014年、20歳の大学生となったくるみは、母が失った2000万円を取り戻すべく、バイトで貯めた30万円を元手に母を殺したFXに挑む。

絶望の地獄と、父のタンス預金を盗んでまでロスカットを回避した上での天国との、その両方を経験したくるみは、沼のようなFXの魔性に囚われていく…

f:id:AQM:20220204141325p:plain

「FX戦士くるみちゃん」1巻より(炭酸だいすき/でむにゃん/KADOKAWA)

という、美少女FX漫画。

フィクションのやることというのは、ほとんどの作品において要するに「シチュエーションにおける"人間"(生き様)を描く」ということで、勇気だったり愛だったり知性だったり諧謔だったりの、人間が持つ美点を描いて読者に希望を与える作品が多くある反面、愚かしさ、妄執、怠惰などの人間の本質的な欠点や絶望を描く作品の役割もまた大切です。

f:id:AQM:20220204141339p:plain

「FX戦士くるみちゃん」1巻より(炭酸だいすき/でむにゃん/KADOKAWA)

読んでて楽しかったり癒されたりするコンテンツではありませんが、胃がキリキリするような欲望の淵で絶望と踊る、ほぼギャンブルものに通じる読み味で、FXで資金を溶かし借金を背負って「ぐにゃあ」ってなった人間の体験談などはネットの一部で人気コンテンツですね。

理性で言えば主人公の冒頭の動機付けからしておかしくて、良く言えば母が潜った闇を超克しないと前に進めない「メイドイン アビス」のような作品かもしれませんが、悪く言えば「FXで2000万円勝ってもお母さんは生き返りませんよ」という、目標を達成してもハッピーエンドになるとは思えない漫画。

f:id:AQM:20220204141402p:plain

「FX戦士くるみちゃん」1巻より(炭酸だいすき/でむにゃん/KADOKAWA)

「思春期に母を失ったトラウマが原因の感情でドライブしているので仕方がない」という建て付けですけど、始める前からすら感情が理性を上回ってる時点でこの子どう見てもFX向いてないわー…という。

前述のとおりハッピーエンドにしても仕方がない建て付けなので、自制心が弱い主人公ヒロインだけだと破滅END待ったなしだったんですけど、迷惑なことに冒頭に引用したとおりサブヒロイン3人のそれぞれのFX奮闘記も並行して描かれることになり、主人公に狂言回し・語り部のポジションも与えられました。

f:id:AQM:20220204141503p:plain

「FX戦士くるみちゃん」2巻より(炭酸だいすき/でむにゃん/KADOKAWA)

「ウサギとカメ」の寓話に倣うなら、4人いるので読者に見せる結末の枠のバリエーションとしては

①FXで大成功の勝ち組(⇨後に精神面で人生に失敗とか)

②FXで地味に堅実に成功(⇨4人の中で人生に一番成功とか)

③傷を負いつつFXから撤退(⇨その後、人生を立て直しとか)

④破産して身売りか身投げ

ぐらいかな、と思います。

語り部は普通死なないので、この作品の主人公のポジションは③あたりですかね。

f:id:AQM:20220204141435p:plain

「FX戦士くるみちゃん」2巻より(炭酸だいすき/でむにゃん/KADOKAWA)

 

自分のこの作品の一番の感情移入の対象は4人のヒロインよりもむしろ主人公ヒロインの父親で、6年前・単身赴任中に妻が2000万円の資産を溶かして自殺、現在・成人した同居の娘はタンス預金300万円を盗んでFX投資、娘にFXから撤退するよう懇願してもやめてもらえない、と同情を禁じ得ません。

f:id:AQM:20220204141520p:plain

「FX戦士くるみちゃん」2巻より(炭酸だいすき/でむにゃん/KADOKAWA)

「自分が投機的な投資をやる・やらない」を適切にコントロールすることももちろん大事ですけど、家族持ちは「興味を持った身内がFXをやる・やらない」をいかにコントロールするかの方が深刻だろうな、と思います。

配偶者は離婚すれば絶縁できますが、親子関係を絶縁するのは子どもが語る「もう私は大人」「自己責任」ほど簡単な話ではありません。

 

さて、偉そうにFX漫画を語った自分はFXはやらないかわりに株式投資はやるんですが、はてなとかいう会社の株を220万円買って含み損が今日時点で138万円です。

f:id:AQM:20220204152028p:plain

クソ株すぎた上に損切りも手遅れすぎるので、もはやドブに捨てたと思って10年単位で塩漬けしとくぐらいしかなく、ブログでたまにネタにする以外なんの役にも立ちません。

一応レバレッジではなく現金購入で、また独身で迷惑かける家族はいないとはいえ、困ったもんだ。地方都市に転勤になったところでもあるし、はてな株とウマ娘の課金でクルマでも買ってればよかったわ…。

 

 

(選書参考)

www.google.com

blog.livedoor.jp

 

proxia.hateblo.jp