AQM

I oppose and protest the Russian invasion of Ukraine.

#FX戦士くるみちゃん 3巻 評論(ネタバレ注意)

2008年、中学3年の少女・くるみの母親は、単身赴任の夫に内緒で家計をFXの豪ドル円につっこみ、リーマンショックによる金融危機で2000万円の損失を出して自殺した。

2014年、20歳の大学生となったくるみは、母が失った2000万円を取り戻すべく、バイトで貯めた30万円を元手に母を殺したFXに挑む。

『FX戦士くるみちゃん』3巻より(炭酸だいすき/でむにゃん/KADOKAWA)

絶望の地獄と、父のタンス預金を盗んでまでロスカットを回避した上での天国との、その両方を経験したくるみは、沼のようなFXの魔性に囚われていく…

という、美少女FX漫画。

f:id:AQM:20220204141538p:plain

『FX戦士くるみちゃん』2巻より(炭酸だいすき/でむにゃん/KADOKAWA)

こうして見ると美少女麻雀漫画「咲-Saki-」のFX版みたいなルックスですけど「咲-Saki-」と違うのは、この4人のうち1〜2人ぐらいは最後に自●しそうな匂いがぷんぷんするとこです。

癒し系の萌え漫画と勘違いして買わないように気をつけましょう。恋愛要素も百合要素も、自分の目から見るとほぼ在りません。

『FX戦士くるみちゃん』3巻より(炭酸だいすき/でむにゃん/KADOKAWA)

例えこの漫画が大ヒットしても、影響されてFX始めて破産して「作者を●して俺も◯ぬ」なんて奴が万が一にも現れないよう、FXにのめり込む初心者の心に生じる闇が念入りに描かれた作品。

FXのサービスも展開するDMMが、この営業妨害のような漫画の電子書籍も配信してるのは懐が深い話だなw

自分はFXやらないので細かいオペレーションの描写は何やってるか実感として正直あんまよくわかってないんですが、「ルールよくわからないのに面白い」という意味においてのみ、『ヒカルの碁』に似ています。

『FX戦士くるみちゃん』3巻より(炭酸だいすき/でむにゃん/KADOKAWA)

『ヒカルの碁』が成長譚だった代わりに、この漫画は人間の自制心が溶けていく、ほとんどサスペンスホラーです。

生意気な愚か者が自己責任の自業自得で不幸になったり破滅する様子を、昏い快感を伴ってエンタメとして楽しむ、というのはネットの炎上を見にいく性と共通しますね。

作中でやってること・起こってること、エグくて全然笑い事じゃないのに、エグすぎてちょいちょい失笑してしまう。ダメ名言多すぎでしょこの漫画w

『FX戦士くるみちゃん』3巻より(炭酸だいすき/でむにゃん/KADOKAWA)

昭和のドラマだったら次巻で4人のうち1人が刺されて1人が自●しそうな展開ですが大丈夫ですか。

 

なお、他人事のように偉そうに語る自分の、

f:id:AQM:20220204152028p:plain
1年半前、前巻の感想記事の時点で-138万円だった私の含み損は

 

今日時点で-114万円になりました。ワ、ワーイ…ヤッタネ…

 

 

aqm.hatenablog.jp