AQM

あ、今日読んだ漫画

#イサック 8巻 評論(ネタバレ注意)

「スパイの家」の原作者の、作画担当を替えた現作。大坂夏の陣の終戦後、ヨーロッパに渡ったサムライ傭兵火縄銃スナイパーの戦記もの。

親方の仇を求めて形見の名銃をひっさげて冬王フリードリヒ5世の弟ハインリッヒの軍に従軍してスペイン軍、バイエルン軍と戦う。日本名は猪左久。

前巻でカタストロフが起こり、主人公一行は散り散りに。

なりゆきでフリードリヒ5世の苦難の逃避行の供をするゼッタ。

ヴァレンシュタイン将軍に囚われたハインリッヒ。

合流しハインリッヒの奪還を企てるクラウス、エリザベート。

単独行となったイサックと、彼を付け狙うロレンツォの一騎打ち。

主人公たちの流転具合がすごいというか、「話がこの先こう転がっていくんだろう」と予想したとおりにならなさ加減がすごい。

ロレンツォの凄い執念ですけど、彼が最終的にやりたいこと考えるとそこまでのアレか?という気がしないでもない。物語のベクトルがなんとなくオランダの方に向きつつ、次巻はイサックも合流してハインリッヒ救出作戦の模様。

スナイパー主人公のイサックが強キャラすぎて、とうとう火縄銃を取り上げられてしまった。

あとエリザベートがポンコツ可愛いんだけど大丈夫なのこの人w

 

イサック(8) (アフタヌーンコミックス)

イサック(8) (アフタヌーンコミックス)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2020/02/21
  • メディア: Kindle版

 

aqm.hatenablog.jp