AQM

あ、今日読んだ漫画

#久保さんは僕を許さない 2巻 評論(ネタバレ注意)

「あーあ 場所変えようなんて言うから
 告白でもされるかと思っちゃった」

「こく…そ…そん…そん…そ…んな…そん(ガタガタガタガタ)」

「冗談だよー白石くーん戻っておいでー」

男子高校生・白石は存在感が薄く、教師にもクラスメイトたちにもスマホのカメラの顔認識にも自動ドアにも存在が認識されづらい特異体質だった。

だが隣の席の久保さんだけは白石を見失うことなくグイグイ構ってくる。

という隣の席の◯◯さんと恋愛未満系ラブコメ。自分の体質に特に悲観することもなく淡々と達観している主人公、思わせぶりにちょっとからかい上手気味にグイグイくる白石さん。

一応エロなし作品なんですけど、ふとした線のタッチが90年代の青年誌っぽいというかヤンジャンっぽい可愛くて色っぽい線。

1対1の両片想いの未満恋愛日常系ラブコメ、競争の激しいセグメントですけど、漫画の面白いところは勝者の全取りじゃなくてむしろ専門店街みたいに相乗効果があるというか、これ系好きな人は結構アレもコレも読むんですよね。

テーマが一緒なのでネタも被りやすいんですけど読み比べもまた楽しいというか。

「ラブコメ『初めてのLINE』特集」とかでブログの記事1本書けそうw

 

 

aqm.hatenablog.jp