AQM

I oppose and protest Russia's invasion of Ukraine.

#神さまがまちガえる 1巻 評論(ネタバレ注意)

百合漫画『やがて君になる』の作者の新作。

ほぼ現代の日本。世界は少し、おかしくなった。

異常気象ならぬ、異常現象・超常現象が断続的に起こるように。

『神さまがまちガえる』1巻より(仲谷鳰/KADOKAWA)

「周期性例外事象」、通称「バグ」。

ある時は1日が27時間になったり、ある時は人類全員が突然迷子になったり。

大規模・影響大なバグは短期で収束し、逆に小規模・影響小なバグは長期化する傾向に。政府の「例外庁」が収束予測を発表する世界。

『神さまがまちガえる』1巻より(仲谷鳰/KADOKAWA)

主人公の中学生男子の"紺"は親元を離れて(?)シェアハウスに下宿。

ヒロインの、シェアハウスの大家の美女"かさね"は、兼業で大学の教員・バグの研究者。

世界規模で起こるバグは当然、彼らが暮らすシェアハウスや紺の通う中学校でも発生し、今日も紺はかさねの助手として、バグの不思議と向き合うのだった。

という、非日常を舞台にした日常もの。

『神さまがまちガえる』1巻より(仲谷鳰/KADOKAWA)

今のところ、単話完結エピソード群。

ざっくり言うと「おねショタSF日常もの」、と形容して良いと思います。「おねショタ」という言葉が想起させるほど恋愛要素はなく「仲良し」ぐらいの匙加減。

今巻のお題は

・ポストアポカリプスの廃墟みたいにあらゆる植物が異常繁殖

・すべての人類が突然、空中を歩けるように

・世界中の階段が一段増える

・世界中のあらゆる「左右」が反転

・世界中でツチノコや雪男などのUMAが出現

今のところ発生するバグは人死にが出たりする深刻なものではなく、「神様が地球にいたずらしたような」ものが中心。

『神さまがまちガえる』1巻より(仲谷鳰/KADOKAWA)

作品全体のテイストものほほんとした日常ものテイストで、主人公たちが解決に向けて活躍する、というよりは「わー、ちょっと困るけど、おもしろーいw」とリアクションしてる間にバグが勝手に解消するものがほとんどです。

登場人物のキャラクターでエピソードを動かすのではなく、比較的穏当な登場人物たちをキャラの強い世界観に放り込んで動かす、という感じ。『猫が西向きゃ』を読んだことがあれば、

aqm.hatenablog.jp

「ああいう感じ」で通じるかな。

ワトソン役の少年・紺に対してホームズ役のヒロイン・かさねのバグ解説、謎明かしが、ちょっとした不条理SFというか、空想不思議要素というか。

『神さまがまちガえる』1巻より(仲谷鳰/KADOKAWA)

『やがて君になる』で著名なとおり、ネーム・絵・キャラとも安定していて、読みやすく楽しく「少し不思議で非日常な」日常ものとして普通に楽しめます。

ホームズ役のヒロインのかさねには、例外的なある秘密というか「特異点」的な事情があり、(描く気があれば)その辺が作品の縦軸になるのかなと思いますが、まあ縦軸がないならないで、それはそれで。

 

 

aqm.hatenablog.jp

 

aqm.hatenablog.jp

 

(選書参考)

blog.livedoor.jp